松井玲奈、佐藤隆太、溝端淳平、塚本高史、加島幹也監督が11月30日、都内でおこなわれた、藤野映画『輪違屋糸里』の完成披露試写会に出席。撮影を振り返るなかで、溝端、佐藤、塚本らの掛け合いに、松井は笑いをこらえ切れない様子を見せていた。なお、主演を務めた藤野涼子はこの日欠席、映像でコメントを寄せた。

 『輪違屋糸里』は、小説家・浅田次郎さんの同名時代小説が原作。幕末の新選組を、彼らを取り巻く女性の視点で追ったストーリーで、新選組副長の土方歳三と、副長助勤の平山五郎、初代局長の芹沢鴨らと、その男性たちに思いを寄せる女性たちが、時代に翻弄される姿を描く。

 本作のキャストは、土方に想いを寄せる島原輪違屋天神の糸里を藤野、平山と恋仲でその子供を宿す桔梗屋天神・吉栄を松井が担当、土方役を溝端、平山役を佐藤、芹澤を塚本高史、その愛人・お梅を田畑智子と、主要キャストに豪華な面々が出揃う。またほかにも新妻聖子、榎木孝明、石濱朗ら錚錚たるキャスト陣が脇を固めている。

「見たことのない新撰組」が見られるドラマ

松井玲奈

松井玲奈

 女性目線で新撰組を追った作品だけに、溝端、塚本、佐藤の3人はそれぞれ史事からは見えない隠れたエピソードや性格を演じるため、役作りには諸々の苦労があった様子。そんな中こうして完成した作品を「新撰組がお好きな方は、見たことない新撰組が見られるんじゃないかと」と語る溝端をはじめとして、皆存分にアピールする。

 撮影は2年ほど前。3人との共演松井は「新撰組の方と一緒になると、緊迫するシーンが多くて。皆さん、ビシっとしていらっしゃいました」と、撮影現場は緊張感溢れる雰囲気にみな背筋を立てていた様子を振り返った。

塚本、佐藤、溝端のハチャメチャな立ち回りに、松井は笑いが止まらず

塚本高史、溝端淳平、松井玲奈

 しかし、登壇直後からもともと仲のよかったという塚本、佐藤と溝端は、互いの話に突っ込みを入れ合い、会場にずっと笑いを引き込み、そんな松井の言葉とは裏腹に、溝端は「2年も経って、こうなっちゃいました」などとコメント、挙句に映画の注目ポイントをたずねられると、塚本は「平山が1つ目の眼帯を買いにいくところ」などと、劇中にはない設定をコメント。

 佐藤はお返しとばかりに「芹沢が御茶屋に行ったところ、ホットにしようかアイスにしようか悩むところ」などと奇想天外なコメントで爆笑を呼ぶ。松井も思わず顔を手で押さえたり、後を向いたりと、笑いをこらえるのに必死な様子を見せていた。

 その一方で松井は、今回の役作りに関して、原作などからの読み取りと共に「2人のシーンは、2人の持っている女の子らしさを出しながら撮影をしていた」と共演シーンの多かった藤野との演技が、役作りに大きく貢献したことを回想していた。

塚本高史

溝端淳平

気さくな佐藤の振る舞いに助けられた松井、一方で監督からの演技指導に困惑!?

 今回、松井演じる吉栄と恋仲になる平山を演じた佐藤は「完成した作品を見ると、2人の気持ちの伝えかたが切なくて、玲奈ちゃんとできてよかったなと思います」と、2人で作り上げたシーンに満足な様子。

 そんな佐藤との共演を松井は「今まであった人の中で一番気さく、ベストオブ『気さく』で。でも撮影が始まったらもう五郎さんそのもの、カッコよかったです。頼りがいのかある方だなと思ってお芝居をしました」と共演を振り返る。

佐藤隆太

 一方、撮影では吉栄が五郎にしなだれかかるシーンがある中で、なかなかうまくその演技を見せられない松井に、監督は業を煮やして吉栄の役としてしなだれかかる姿をこうだ、と演技指導をしていたエピソードを振り返り「どういう気持ちで見ていればよかったのかと」と当時の思いをコメント、さらに佐藤が「何度も(監督が)僕の胸に飛び込んできた、あの温もりは忘れられない」などとボケで追い討ちを掛け、笑いを誘っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ