次世代ボーカル&ダンスグループの民謡ガールズが29日、東京・銀座山野楽器本店で2ndシングル「ミライ」(28日発売)発売記念イベントを開催。同シングルのカップリング曲「ラブ□メタル」(※□はハートマーク)を手がけたSEX MACHINEGUNSのリーダー・ANCHANG(Vo&Gt)もお祝いに駆けつけ「ラブ□メタル」を激しいヘッドバンギング(ヘドバン)とともに初披露。ANCHANGは「歌唱力が凄い」と彼女たちを絶賛した。

「ミライ」発売記念イベントに登場したSEX MACHINEGUNS・ANCHANGと民謡ガールズ

 「ミライ」は、TBS系「有田ジェネレーション」エンディングテーマに起用された新曲。前回の1stシングルと同様に3形態で発売。みんがる盤・民謡盤・ガールズ盤とジャケット・カップリング曲違いの3種類でリリース。みんがる盤に収録されたカップリング曲「ラブ□メタル」(※□はハートマーク)をSEX MACHINEGUNS・ANCHANGが手がけた。

 イベントに先立っておこなわれた取材会ではまず民謡ガールズのメンバー11人が全員登場し、2ndシングルの表題曲「ミライ」を披露。着物をアレンジした黒の衣裳で激しいダンスを交えて熱唱した。

 続いてメンバーの呼び込みで、みんがる盤のカップリング曲を提供したANCHANGが登場。メンバーのみのりに「どんな思いでカップリング曲を作ったんですか?」と聞かれ、ANCHANGは「ええと…お仕事で」と笑わせつつも、「普通、大人数で歌うと音に変な揺れが出るんですけど、この子達は出ないんです。歌唱力が凄いから」とメンバーの歌唱力を絶賛。

 そして民謡ガールズとANCHANGで「ラブ□メタル」を初披露。ヘヴィメタルとの異色のコラボでヘドバンを披露。集まった記者たちをわかせた。

 取材会を終えて、キャプテンのいずみは「『ミライ』は前向きで明るい曲。サビで手を左右にふる動きがあるので、それを一緒にやって楽しんで欲しい」と新曲について語る。
 また、「ラブ□メタル」で挑戦したヘドバンについて、いずみは「みんな初めてやったので、どうやったら激しく見えるか難しかった」、みのりも「みんなヘッドバンギングをやった後は顔が真っ赤になる」とその苦労も明かした。

 取材会のあとに行われた2ndシングル発売記念イベントには、ファン100人以上が駆けつけた。「ミライ」やカップリング曲など全5曲を披露。会場中のファンがペンライトや掛け声で大盛り上がりの中、イベントは終了した。

記事タグ