4人の幸せとは?

――土壇場で決まったという感じなんですね。「幸せ」というワードも出ましたが皆さんが音楽以外で幸せに感じる瞬間って何ですか。

U 美味しいものを食べているときか、寝ているときかも知れないです。

――そういえばUさん6度寝したみたいで…。

U そうなんです。めっちゃ寝ました(笑)。そんなに寝れるのかという意見ももらいましたけど、寝れたんですよ。それだけ寝れるのも元気な証拠だと思っています(笑)。

MASATO 僕は割と些細なことでも幸せを感じることが出来るので、地獄に落ちるんじゃないかなと思っています(笑)。

SATORU 公園で四つ葉のクローバーを見つけたときですかね。というのは冗談なんですけど、小さな幸せは沢山ありますね、寝落ちする瞬間もそうですし、見たことがない人のライブに行って新しい発見をした時に幸せを感じます。

REI 難しいですね…。

U 神社にお参り行った時は幸せそうだったよ。

REI じゃあそれで(笑)。音楽以外だとなかなか難しいですね。本当に音楽が好きなので、これをなくして幸せはないみたいなところがあります。

――レコーディングで大変だったところは?

U 今回ファルセットを多用しているんですけど、僕はファルセットは得意ではないので、サビでのユニゾンは苦戦しました。ファルセットのユニゾンに関しては相当テイク数を重ねました。過去を振り返ってみても、こんなに録ったのは初めてだと思います。

REI 今回、ハモリが入っている部分に関して、ハモリのラインを主旋律と同じくらい時間を掛けて作って挑戦できた部分ではないかなと思います。

MASATO 当たり前の幸せというのを歌うにあたって、ライブとレコーディングでは全然違うんです。ライブではそこに来てくれたBeemerのみんなが僕らのリアルなので、そのイメージで歌ってしまうんですけど、曲自体は恋愛のことを歌っているということもあり、レコーディングでは恋愛の方に気持ちをシフトして歌いました。

――その都度シチェエーションにあわせて変えているみたいですが、モードを切り替えるためにやっていることとかありますか。

MASATO 僕はは割とナチュラルに入れます。例えばUさんに相談を受けると、その気持になってしまってすごく自分も悩んでしまうんです。それもあって、歌を聴いてその情景を自分で思い浮かべることも、その人になろうとすることも僕の中では日常的で。

――すごくMASATOさんに悩みを相談したくなりました(笑)。

U ですよね。MASATOに相談して、その後自分は違うことをやりながら結果を待つという(笑)。僕の気持ちになって考えてもらいたい時はMASATOに相談することが多いです。僕のメンターです!

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。