THE BEAT GARDEN「土台が出来た1年」支えてくれたファンへの想い
INTERVIEW

THE BEAT GARDEN「土台が出来た1年」支えてくれたファンへの想い


記者:村上順一

撮影:

掲載:18年11月29日

読了時間:約14分

 大阪で結成された3Vo+1DJのボーカルグループ・THE BEAT GARDENが11月28日、7枚目となるシングル「そんな日々が続いていくこと」をリリース。これまでエレクトリックダンスロックを掲げてきた彼らが、2018年はポップスを追求し「僕がいる未来」「花火」と新たなTHE BEAT GARDENの魅力を提示してきた。メロディと歌詞をもっとしっかりと伝えたいという思いから、今年を締めくくる今作は、心を打つミディアムバラードナンバーに仕上がった。インタビューでは今年の活動を振り返ってもらうとともに、新譜の制作背景、ファンへ向けての楽曲となった収録曲「みんなへ」に込められた想いなど4人に話を聞いた。【取材=村上順一】

<INDEX>
○新しい音楽性をみつけ土台が出来た1年
○4人の幸せとは?
○「みんなへ」はシリーズ化したいくらいの楽曲

(約6500文字)

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事