5人組アイドルグループ・Sexy Zoneが28日放送の日本テレビ系『ベストアーティスト2018』に出演。同日、松島聡の一時活動休止が発表されたことを受け、菊池風磨は「今は心からゆっくり休んで欲しい」などとコメントした。

 松島は同日、体調不良のため活動を一時休止することが発表された。番組司会の嵐・櫻井翔が松島が病気療養のため、この日は4人での出演になったことを述べ、菊池がマイクを口に添えた。

 菊池は「ファンの方々も非常に驚かれたと思います。今は心からゆっくり休んで欲しいなって言うのが僕たちの思いです。僕たちも目の前のことに精一杯向き合っていきたいと思っています」とコメント。ステージの4人は「カラクリだらけのテンダネス」を生歌パフォーマンスした。

 Sexy Zoneは公式サイトで、「松島は急な体調不良のため、大変恐縮ながら慎重を期して一定期間療養させていただきますことをご報告申し上げます。体調不良を引き起こしました原因は、パニック障害による突発的な発作によるものと診断されております」と伝えた。

 松島も自筆のコメントを寄せ、「実は1年前くらいから体調を崩し始め 1ヵ月前より不調が酷くなった為 受診いたしました」とし、診断結果は「突発性パニック障害」であると明かした。

 そして、戸惑いもあることを伝えた松島は「今は、治療と診断が必要だということなので、一旦活動休止をお知らせするこ事をお許し下さい」と理解を求めつつ、変わらぬ応援に期待した。

 菊池のメッセージや4人のパフォーマンスを観たファンはツイッター上に続々と書き込み、「それぞれに気持ちを感じた気がした」「菊池くんが松島パートカバーしてる」「菊池くんめっちゃ目潤んでる」などと心配やエールの声が寄せられた。

 また、この日は、中島健人が主演を務める日本テレビ系ドラマ『ドロ刑』で共演する俳優の遠藤憲一も登場。「すいません、こんなおじさんが」と会場に向けて笑いを誘う一幕も。

 中島が「今日は煙鴉さんがアイドルデビューします」と遠藤の役名を出しながら伝えると、遠藤は「冗談に決まってるじゃないですか」と絶叫するなど盛り上がり、ダンスコラボでも魅了した。

記事タグ