ダンディ坂野

 サンミュージック グループ創立50周年記念式典が27日、都内でおこなわれ、所属タレント約160人が出席。50年の歩み、そして未来について語り合った。

 ダンディ坂野とカンニング竹山、スギちゃん、メイプル超合金が囲み取材をおこなった。

 サンミュージックにお笑い部署が出来て約20年。お笑いの預かり1号として所属となったダンディ坂野が当時の状況について、「担当が1人でデスクも1台、周りからはスルーされているような感じだった。最初は肩身は狭かったけど、何年後かにこの“ゲッツ”で奇跡が起き、四谷三丁目の奇跡と呼ばれいます」と当時を振り返った。

 そのゲッツも式典でのフォトショットで、相澤(正久)社長含め、タレント160人がゲッツのジェスチャーで撮影したことについて「ありがたいです」とコメント。

 同事務所のお笑いの強みについて聞かれると竹山は「先代の会長の作られた雰囲気がそのまま残ってます。みんなファミリーみたいな。良い意味で厳しい時も優しい時ありますけど、みんなで作っていくという事務所です」とサンミュージックの特色を述べた。

 この事務所に決めた理由を聞かれたメイプル超合金のカズレーザーは「他の事務所のラインナップを見たときに競争率が激しそうだったから、サンミュージックのホームページみたらこれだったので...(笑)」と所属芸人の実力で決めたことを明かした。

 事務所を転々としてきたスギちゃんは「ここでダメだったら辞めようと思っていたけど、入って2年目に売れたんです」としみじみ話すと、竹山はすかさず、事務所で大問題になっていることがあると、スギちゃんが女芸人、特にメイプル超合金の安藤なつのお尻を触るという問題があると暴露。

 これにはスギちゃんも「フラッシュを焚かれる」とし、笑いの一環として触ってる弁明するも、竹山からは「誰も見てないところで触ってるから注意した」と一喝され、「50周年だぜ」とタジタジ、この話を打ち切りたい様子だった。

 これからのサンミュージックのお笑いについて竹山は「僕らはどんどんおじさんになっていきますから、僕らは同じ世代でやってきましたけど、下の世代にどんな人が入ってくるかが課題」と若い世代に期待。

  サンミュージックが“一発屋再生工場”と言われていることについて竹山は「オレは一発屋じゃないから」と釘を刺した。「ダンディもスギちゃんも1回テレビ出てからずっと食えてるんです。この人たち仕事ないふりして、そこそこもらってるんです(笑)。うちには全く仕事がゼロになる人はいないんですよ」と明かした。

 そして、事務所独立について聞かれると竹山は「今日は50周年なので、明日から数人連れて独立に向けて頑張ります(笑)」と質問に答え笑いをとっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)