ロックミュージシャンの布袋寅泰が、自身が所属した元BOOWYの高橋まことや、ロックバンド・PERSONZの女性ボーカル・JILLらとの4ショットを公開。その豪華なショットにファンから感激の声が挙がった。

 現在、自身の日本でのホールツアー『HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I'M YOURS TOUR』を開催中の布袋。27日に東京・NHKホールで開かれた公演後、記念ショットを続々と公開した。

 その中で、「楽屋にて。古き良き仲間たちと。パーソンズ&BOOWY」とコメントを添えて画像を公開。布袋のほか、3人が並んだ記念ショットだ。

 その3人とは、布袋が記した通り、布袋が所属していた伝説的ロックバンド「BOOWY」でドラムスを担当していた高橋。そして、1983年に結成されたロックバンド・パーソンズのJILL、ベーシストの渡邉貢だ。

 まさに、往年のファンにはたまらないこの4ショット。布袋のインスタグラムの投稿欄にはファンの感激の声が相次いで寄せられた。

 ファンからは「これは涙モノ」「このショットは嬉しすぎます」「このメンバーが揃っているだけでテンションが上がってます」「まことさんと布袋さんが並ぶなんて」「凄い顔ぶれ! コレはヤバい」「皆さん、まさに青春どんぴしゃです」などと、大きな反響が起こっている。

 さらに、「すごー。バンド組めますね!!」「各パートそろってるからバンドできちゃいますね」などの声も挙がり、感激の輪を広げている。

 その布袋は他にも、コブクロの小渕健太郎、女優の大地真央、元マラソン選手の有森裕子をはじめ豪華なメンツとの記念ショットを公開。「長年に渡り作詞で僕の音楽を支えてくれる森雪之丞さん」と、著名な作詞家である森との2ショットを画像もアップしている。

 さらに、シンガーソングライターの故・尾崎豊の子息である尾崎裕哉との2ショットも。布袋は「そばにいるとお父さんを思い出すよ。熱い歌を期待しているよ!」と懐かしむようにコメントし、尾崎の方に手を回した2ショット写真も公開した。

 次々とアップされたレアな記念ショットに、ファンの感激の声も続々と寄せられている。

 布袋のホールツアー『HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I'M YOURS TOUR』は、11月10日の兵庫県・神戸国際会館 こくさいホールでスタート。12月30日の大阪・オリックス劇場まで全国18カ所19公演をおこなう。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)