女優の中谷美紀が27日、ドイツ出身の音楽家、ティロ・フェヒナー氏と結婚したことを、自身の公式サイトで報告した。

 報告文によれば、フェヒナー氏は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、管弦楽アンサンブルPHILHARMONIXで、ヴィオラを演奏しているという。

 中谷は「日本とオーストリア、異なる国で暮らす私たちは、話せば長くなるような不思議な偶然が重なって、2016年の秋に出逢い、信頼関係を育んで参りました」と報告。

 更には「共に山歩きをする時などは、常にこちらのペース配分に配慮し、自らの楽しみや利益よりも、人の幸せを優先する彼の人柄に惹かれました」とその人柄を明かした。

 また、「ヴァイオリンをはじめとする様々な楽器の音に真摯に耳を傾け、自らの音を主張するのではなく、調和を大切にして来たヴィオラ奏者だからこそ、私のような自由を愛する人間をも手なずけることができるのでしょう」とも綴った。

 中谷は「これより拠点はオーストリアになります」とも伝えており、仕事はこれまで通り続けるとも報告。「変わらぬご愛顧をいただけましたら大変ありがたく存じます」とも伝えた。

 中谷の結婚は27日朝、スポーツ紙で報じられ、ファンを中心に祝福のコメントが、ネット上で多数書き込まれている。

記事タグ