木村拓哉と工藤静香の次女で、モデルのKoki,が26日、TOHOシネマズ日比谷で開催された、ファッションメディア『ELLE(エル)』(発行=株式会社ハースト婦人画報社)主催の『エル シネマアワード2018』に出席。「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。

 『エル シネマアワード2018』は、『ELLE(エル)』が、その年に公開された映画作品を独自の視点で選出するもの。本年度は日本の映画界で輝く女優に贈る「エル ベストアクトレス賞」、優れた監督に贈る「エル ベストディレクター賞」、今後の活躍が期待される女優に贈る「エル・ガール ライジングスター賞」、今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」の4部門を設けた。

Koki,

 「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞したKoki,は今年5月、『エル・ジャポン』でモデルデビュー。8月には世界最年少かつ日本人初となる「ブルガリ」のアンバサダーに、9月には「シャネル」ビューティ アンバサダーに就任。その後もCM出演やファッション誌の表紙を飾るなど、活躍の場を広げている。また、作曲も手掛けるなど多彩な才能を発揮し、注目されている。

 この日は、シャネルのドレスを着用し、登壇。「とても光栄に思います。5月発売号の『ELLE』からスタートし、今年はいろいろな経験をさせていただきました。今後一層経験を重ねてさまざまなキャラクターを演じられるモデルになりたいです」と初々しい笑顔で受賞の感想を語った。

 「エル ベストアクトレス賞」には女優の寺島しのぶを選出。「エル メン賞」は東出昌大が、「エル ベストディレクター賞」は三島有紀子監督が受賞した。

Koki,

 以下は受賞名。

「エル シネマ大賞」:『万引き家族』
「エル ベストアクトレス賞」:寺島しのぶ
「エル メン賞」:東出昌大
「エル・ガール ライジングスター賞」:Koki,
「エル ベストディレクター賞」:三島有紀子監督

記事タグ