アルバム『Hey, Girls! 』メンバーそれぞれのレコメンド楽曲

――皆さん色々歌われていたんですね。さて、2ndアルバムが完成しましたが、皆さんの推し曲をお聞きしてもいいですか。

脇あかり 私は「Counting the seconds」です。普段好きで聴いている楽曲の雰囲気に近いこともあって、こういう曲調は好きですね。テンションを上げて歌った方が良い曲がTPDでは多いんですけど、普段そんなにテンションは高い方ではないので、暗くなりがちで。なので、テンションを上げてからレコーディングに望むことが多いんです。でも、この曲は切ない感じもあるので、ナチュラルにレコーディングに臨むことが出来たのも大きいですね。

浜崎香帆  私は「Lovely Lovely」です。というのも、今回(橘)二葉と一緒に振り付けを作らせてもらったんです。二葉は「現状打破でLove you」で振り付けを担当していたので、初めてではないんですけど、私は今回初めて振り付けをつけさせていただくことになりました。女の子のトキメキを表現したものになっているかと思います。

――おふたりで作業はどのような割り振りで進めているんですか。

浜崎香帆 メインとなるサビの振り付けは一緒に考えていて、AメロやBメロは割り振っています。まずは音に合わせてアドリブで踊ってみて、良いところをチョイスしていくスタイルで作っています。だいぶ時間を掛けて作らせてもらっています。ライブを楽しみにしていてもらえたら嬉しいです。

上西星来 私は「現状打破でLove you」です。主人公はちょっと自信のない女の子なんですけど、歌っている時にすごく応援したいなという気持ちで歌わせて頂いています。自信がないはずなのに、あざとい可愛さのあることも言えてしまうところが、お気に入りポイントです。新曲では「Collection」です。ラップに挑戦させて頂いたことが大きかったのと、私は考えてしまう性格ということもあって、この曲の主人公の嫌なことなんて気にせずに、今を楽しんでいる姿に憧れています。

――「現状打破でLove you」はこの約1年間で曲の捉え方も変わったり?

上西星来 変わりました。女の子の自然な仕草だったり、そういうのをもっと表現していきたいなと思うようになりました。

櫻井紗季 私は「my dearest」です。TPD全員で歌う曲でバラードって少なかったので、そういった曲が増えて嬉しいです。私が普段聴いている音楽と温度感が似ていたこともあって、レコーディングの時のテンション感も心地良くて。デモ時の歌詞は友達よりの話だったんですけど、完成形は恋人だったり、友人、仲間といった多くの人が共感出来るようなメッセージ性があって、落ち着いて聴ける曲で好きなんです。

――確かにバラード曲は「ナガレボシ」がありますけど、久しぶりですね。高嶋さんのお気に入りは?

高嶋菜七 私は「Collection feat. ☆Taku Takahashi (m-flo)」ですね。表題曲の「Hey, Girls!」も大好きなんですけど「Collection」はデモをいただいた瞬間に「カッコいい! これを私たちが歌えるんだ」と思いました。こういうクラブチューンはTPDにありそうでなかった曲で、嬉しかったです。間奏が長めで、まだ振り付けは完成していないのですが、カッコいいダンスがつくんじゃないかなという期待もすごくあって、どんな振りがつくのかすごく楽しみなんです。(取材日は10月下旬)「Hey, Girls!」はタイトルからすでに女の子に投げかけていますが、ライブでコール&レスポンスできる曲も今までほぼなかったしですし、MVも女の子の日常を追っているような作品に仕上がってます。

――女性のファンも増えてきてますよね。

高嶋菜七 増えています! 衣装も変わってきているので、その影響もあるのかなと思います。

――以前は近未来的な衣装もありましたからね。

高嶋菜七 当時の衣装と今の衣装のコントラストがはっきりしていて、面白いなと今感じています。

――「Hey, Girls!」のMVはソロカットもあるとのことですが、皆さんはそれぞれどのような撮影だったのでしょうか。

脇あかり 私は美容室に行って、髪を切るシーンを撮りました。3センチぐらい本当に切りました。女の子が可愛くなるためには髪を切るということも、テンションが上がったりするので。

浜崎香帆 私は外苑前で早朝から撮影しました。イチョウ並木の通りを歌いながらカメラで写真を撮ったり、人が歩いている交差点をスキップして渡ったりとか、ショッピングしているところなど、女の子のハッピーなシーンを色々撮影しました。

――その中でもスキップはなかなか照れそうですね。

浜崎香帆 出勤中の方々に見られるわけなんですけど、カメラが回ってしまえば大丈夫です(笑)。

上西星来 私は表参道で撮影したんですけど、その日は本当にモデルの仕事をしている様子を撮影して頂きました。大変だったのはモデルとしてリップシンクしながら、カメラで撮られてるところを、さらにMVのカメラでも撮られているところが難しかったです。どっちに目線を送ったら良いのか迷いました。

――意識をどこに持っていくか難しそうですね。高嶋さんは?

高嶋菜七 私は常にヘッドフォンしている音楽好きな女子ということで、レコードショップに行ったり、ちょっとデートをしているかのようなシチュエーションでの撮影でした。あとは、代官山ログロードでリップシンクしながら歩くシーンも撮りました。割とカジュアルな感じのシーンが多い撮影でした。

櫻井紗季 私は表参道のカフェとキャットストリートを練り歩きました。カフェはインスタ映えする、キラキラしたところで、イチゴミルクを頼んだんですけど、プリンセスが飲んでいるかのようなすごい豪華な見た目で(笑)。あと、お店の方が超ノリノリで演技をして下さって(笑)。私が常連のお客役で、店員さんが「おっ久しぶり」みたいな感じで。

――皆さん今では外での撮影も照れないで出来るみたいですけど、恥ずかしかった撮影とか過去にはありました?

東京パフォーマンスドール(撮影=大西 基)

浜崎香帆 結成当時にやった渋谷のスクランブル交差点での撮影は恥ずかしかった(笑)。

高嶋菜七 胸に東京パフォーマンスドールと一文字ずつ入ってるシャツを着て撮影した! そこから渋谷や原宿の街をお練りしました。(お練りとは、祭礼の神輿や山車を神事の奉納や観衆への披露のために動かす様子のこと)

脇あかり 秋葉原もやったよね。あれは場所というよりも、衣装の問題が大きかったですね(笑)。

――ちなみに皆さん過去の映像や写真って見たりしますか。

高嶋菜七 最近良く見ているんですよ。

櫻井紗季 5年前の写真を見ると、上京してきたばかりだからか、“芋くささ”がありました(笑)。

浜崎香帆 もう、笑いたいがために過去フォルダを漁ってる感じです(笑)。

高嶋菜七 この5年間は10代だった自分たちが20代になるという一番変化が多い時期だと私は思っていて。唯一10代の二葉も来年には20歳になりますし。

――平均年齢も20歳ですからね。意識は変わりました?

高嶋菜七 グループで一緒にいると年齢の変化は感じ辛いかも知れないです。二葉が来年20歳だなんて今だに信じられないみたいな。

浜崎香帆 二葉は永遠の18歳ですから(笑)。二葉はまだお酒は飲めないですけど、変化といえば、みんなでお酒が飲めるようになったことぐらいかも。

――皆さんお酒は強い方?

高嶋菜七 みんなそんなに強くはないです。このなかだと星来ちゃんが強いかも。

上西星来 確かにあまり顔には出ないかも知れないです。

――意外でした。皆さんでライブが終わった後、打ち上げも?

高嶋菜七 個々では飲みに行きますけど、全員はないですね。二葉が20歳になったらみんなで飲みに行ってみたいです。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。