新生・東京パフォーマンスドール(TPD)が11月21日、2ndフルアルバム『Hey, Girls!』をリリースした。6人体制となり、結成6年目に突入した彼女たちが提示したのは、同年代の女性を応援する表題曲「Hey, Girls!」や☆Taku Takahashi(m-flo)プロデュースによる新曲「Collection feat. ☆Taku Takahashi (m-flo)」 、浜崎 香帆と橘 二葉が振付をした中毒性あるダンスナンバー「Lovely Lovely」、バラードナンバー「my dearest」、今までのカラーも感じさせてくれるアップチューン「Jumpin’ Up!」などバラエティに富んだ12曲を収録し、ネクストステップに進んだことを感じさせる作品。通常盤には更に高嶋 菜七、上西 星来、浜崎 香帆のソロ曲、初回C盤には上西と脇 あかりによるデュオユニット“赤の流星” の楽曲12曲を収録。インタビューでは6月3日に開催された結成5周年ライブ『The 5th Anniversary ダンスサミット』を振り返ってもらうとともに、アルバムの楽曲のことや、これからのTPDについてなど、高嶋 菜七、浜崎 香帆、上西 星来、櫻井 紗季、脇 あかりの5人に話を聞いた。(※橘 二葉は欠席)【取材=村上順一/撮影=大西 基】

<INDEX>
○6人での未来像が見えてきた
○アルバム『Hey, Girls! 』メンバーそれぞれのレコメンド楽曲
○今の私達に合う言葉は「勇猛精進」

記事タグ