MIYAVI、加藤諒

 メインキャストに高杉真宙、加藤諒、渡辺大知らを迎えた映画『ギャングース』が23日に公開初日を迎え、高杉、加藤、渡辺らと共に共演したMIYAVIが舞台挨拶に登壇、加藤の舞台エピソードをふり返る中で、MIYAVIがキレ気味のコメントを吐露、会場を沸かせる場面があった。この日は共演の林遣都、山本舞香、篠田麻里子と、メガホンをとった入江悠監督も登場した。

 今作はルポライターの鈴木大介氏による取材を基に、裏社会の実態を描いた肥谷圭介氏の漫画を実写化した映画作品。少年院で偶然出会った3人の少年が、裏社会の様々な出来事の中でもがきながら生きていく姿を描く。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケ役に高杉、工具全般担当のカズキ役を加藤、車両・機動担当のタケオ役を、渡辺がそれぞれ演じる。MIYAVIは犯罪集団のトップで最凶の半グレ・安達役を担当する。また本作は『第31回東京国際映画祭』に特別招待作品として選出されている。

渡辺大知

渡辺大知

 今作ではMIYAVIや渡辺のほかに金子ノブアキや般若らミュージシャンの出演が多いことに関して、入江監督は「今回はたまたまだけど」と語りながら「集中力がすごい方が多いな、と、今回は撮影していて思いましたね。その一瞬に掛ける集中力はすごかった」とミュージシャンの参加に大いに触発された様子を振り返る。そんな中で、撮影のとあるシーンの中で、加藤がセリフを噛みまくっていたことを明かしながら「ミュージシャンの方は、あまりそんなことはなかったかな」とコメント、笑いを誘う。

MIYAVI

MIYAVI

 一方、撮影中にMIYAVIの迫力に圧倒されていたという加藤は「撮影中カメラのカットが掛かるたびに氷をガリガリ食べられたりとか、本当に強そうなんですよ。いつもグルグル歩いている感じとかが恐竜みたいで」とMIYAVIの印象をコメント、特にラストシーンでのMIYAVIの姿に『ジュラシック・パーク2』のシーンを思い出したと語り「“わっ! やっぱり恐竜だ”と思いました」などと思わず“失言”。加藤の派手な衣装を見て「完全に僕は加藤君くんの衣装に圧倒されています」などと語っていたMIYAVIだが、その瞬間に抑えきれずに「ぶっとばすぞ…」とコメント、会場を沸かせる。

加藤諒

加藤諒

 他方、本作の見所は高杉、加藤、渡辺の対決シーン。アクションは初体験だと語る渡辺は、今回挑戦したものが整然とした格闘技ライクなものではなく、しがみついたまま殴りあったりするなどのかなり泥臭く生々しいシーンだったことをふり返り「初めてのアクションが、こういう泥臭いものでよかったなと思います」と有意義な体験だったことを回想する。

 だがMIYAVIはそのアクションがあることを撮影前日に初めて知り「あんなに長回しでやると思わなくて。最初にリハをしているのを見て“あれ、(あれを)おれ(がやるの)?って」と少々困惑していた様子だったことを明かす。しかしながら渡辺はそんなMIYAVIに対して「目から思いがほとばしっていて、本当に鼓舞してくれた」と大いに触発された様子。MIYAVIはそんな渡辺との共演を回想し「ミュージシャン同士なんで、セッションをしているみたいでしたね」と自身も大いに刺激を受けていたことをふり返った。

MIYAVIと加藤諒

 また、舞台挨拶が終わり会場出口から退場の間際には、MIYAVIが笑顔で加藤を小突くような素振りで仲のよさそうな様子を見せ、会場を沸かせていた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真
加藤諒
MIYAVI
渡辺大知

記事タグ