ロックバンドの氣志團が、大阪・ボートレース住之江の『SG第33回グランプリ』(12月19日~24日)の公式応援団に就任。23日、同地で開催された『公式応援団就任トークイベント』に出席した。綾小路翔らは「我々にいま一番必要なのは好感度でございます」などと爆笑トークを展開。レースに臨む選手に激励のメッセージを寄せ、観客と一緒に盛り上げたいとの意気込みを語った。

 『SG第33回グランプリ』は、今年のボートレーサーNo.1を決めるもの。優勝者には“黄金のヘルメット”が贈呈されることから、綾小路は“黄金の学ラン”を着てイベントに登場した。

 綾小路は「ボートレースをしっかりと体験したことがない。モンキーターンの学生時代からのファン、人生が繋がったみたいな気持ち。誰よりも気合入っている」と意気込みを口にすると、ステージ前方に出て“黄金の学ラン”をアピール。続いてメンバーも前に出て会場の熱気を高めたが、最後の“トミー”こと西園寺瞳だけは行かないオチをつけ、爆笑トークショーの火ぶたを切った。

“黄金の学ラン”を着て登場した綾小路翔

 司会を務めたボートレース芸人の永島知洋からメンバーで誰が一番“運”を持っているから尋ねられると、綾小路はそれぞれの個性を説明。「最も頭の良い男はトミー君。今日までに入れてきた情報がどれだけ生かされるのか。そして、一番のギャンブラーはヒカルさん(早乙女光)。勝負師の感性がどこで働くのか。さらに、誰もが想像できない、本能、天然がランマ(星グランマニエ)でございます」と語り、最後に「見た目だけは一番競艇場にいそうな男、白鳥松竹梅。役者はそろった」と胸を張った。

 優勝賞金が1億円の同レース。それにちなみ、クリスマスに1億円あれば何をするかをメンバーは事前に用意。西園寺は「我々は20年近くやってるが好感度がまったく上がらない。CMの類が本当にオファーいただけない。CDも売れない世の中になっているので…」と嘆き節。そして、1億円で子供たちへのプレゼントを用意し、「タイガーマスクの伊達直人よろしく、プレゼントと学ランをはらりと門に置いて…」と続けると、司会の永島から「絶対アウトの奴」とツッコミを受け、会場を爆笑に包んだ。

 さらに、白鳥松竹梅はメンバーしか友達がいないと嘆きつつ、「先輩が昔、『世の中金じゃ』と。『金を使えば友達もいっぱいできるぞ』と」と1億円で友達を作りたいと話して笑わせると、星はマライヤ・キャリーを呼んで歌ってもらうなど、独特の願望が飛び出した。

トークショーは終始爆笑

 そして、前日に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を訪問したという綾小路は、USJを貸し切りたいとした。そして、「唯一、氣志團がもってないもの、好感度でございます。大阪の方を中心にクリスマスにユニバーサルを貸し切って、楽しんでくださいと。ミニオンの学ランを着て」などと壮大な夢をぶちまけたが、永島は「すいません、アピールが住之江から完全にUSJに行ってる」とツッコミ。綾小路はあくまで“連動”することをアピールした。

 そして、「今日はお忙しい中、ありがとうございます。応援団に就任して、住之江を楽しんでまいります。初めての方も住之江、ボートレースをとことん楽しんでいってください」と綾小路は話し、観客と一緒に盛り上げていきたい気持ちを述べた。

 爆笑が続いたトークショーはおよそ15分ほどで終了。その後、屋外に出て、レースの古い大時計が飾られた庭でフォトセッションをおこなった後、気志團は報道陣の囲み取材に応じた。

公式応援団に就任した氣志團

 改めて公式応援団就任について尋ねられたメンバー。それぞれが意気込みを口にする中、早乙女は、“ヒカル語”なる不可思議な言葉を発しながら森進一のモノマネ。綾小路は「レーサーの方たちのおふくろさん達に雄姿が届きますように」と“訳”して笑いを誘い、「我々もワンオクロックのようなバンドになりたいと。おそらく込められてたんじゃないか。伝わりましたかね」と続けると報道陣は爆笑。

 さらに、「最新型もある」と話した綾小路に振られ、早乙女は首をすぼめて何かのポーズ。それは「カルロス・ゴーン」のモノマネで、そのクウォリティーに報道陣から「似てる」の声が挙がった。

 “黄金の学ラン”の着心地を尋ねられた綾小路は「こんなに着心地の良いものは初めて。裸のような気分。ほとんど皮膚。これを着るために生まれてきたと思うくらい。思った以上に寒いんですけど、来た瞬間からその感じがなくなった。できればこの冬はこのまま過ごしたいな」と願望を口にする。

 さらに、制作費は「1億円…の価値がある」とコメント。優勝者にプレゼントすれば、賞金と合わせて「2億円ということも考えられますよね。それくらいのつもりだが、一応この後に協議に入りますが、いま我々にとって一番大切なことは、好感度アップでございますから」と、“好感度アップ”へのなみなみならぬ野心をのぞかせその場を爆笑の渦に。会期中には“黄金の学ラン”を展示する計画も進んでいるようだ。

ボートレースを見入る氣志團

 さらに、綾小路のトーク力は冴え渡る。「我々がバイクにまたがっていた頃は、大変スピードを遅く走っていた時代なんですけども、ゆっくりと蛇行運転をするという…若かりし頃は地域の皆様に大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と突然の謝罪で笑いを誘う。

 続けて「本来、モータースポーツの世界はスピードで人々を魅了するもの。今回はボートレースのスピード、激しさを体験していきたい。そして、我々は何にでも色んなものにまたがりたい、それはボートであったり、単車であったり、“調子”とか“図”とか、そういうものにたくさんライドオンしていきたい」と、何事にもポジティブな姿勢を打ち出した。

 そして、綾小路は観客やレーサーへのメッセージも寄せる。優勝を目指して戦うレーサーに向けて、「人間生まれて来たら一番憧れるのはNo.1かな。我々もNo.1に憧れてロックバンドを始めました。選手のみなさんもたくさんの戦いの中から、No.1を決めるグランプリにチャレンジするということで、血沸き肉躍る気持ち。1等賞を目指してどうかお怪我のないように頑張ってほしい」と熱い戦いに期待した。

 さらに、公式応援団に就任した心境を聞かれ、「良い機会をいただいたので、レースを大好きになって、我々もレーサーとして活動できるように頑張っていきたいと思ってますが…思ったより滑ったかな」と苦笑い。その上で、「本当に嬉しく思っています。渡辺直美さんのような立ち位置を目指して頑張りたい」と述べ、ボートレースのCMでおなじみのタレント・渡辺直美の名前を持ち出しながら、強い意気込みを語っていた。

 囲み取材終了後、メンバーはレース場に移動。実際に使用されるボートの説明や、ボートを走らせるレーサーの姿を見ながら見聞を広めていた。【取材・撮影=小野眞三】