俳優の村上虹郎が、映画『銃』(11月17日全国公開)で主演を務めた。俳優の父、ミュージシャンの母というアーティスティックな両親を持ち、近年の話題作に続々と出演を果たしている。そんな村上が出演する本作は、拳銃を偶然手に入れた大学生が、徐々に狂気を見せていくさまを描いたシリアスなストーリー。ほぼ全編がモノクロ映像で構成され、作品の重厚な雰囲気を演出している。若手俳優の中でも注目株の一人である村上に、今回は本作自体やその役柄の印象、撮影への取り組みなどを、自身の音楽にまつわるエピソードなどとともに振り返ってもらった。【取材=桂 伸也/撮影=冨田味我】

実力派若手俳優の筆頭が主演の新作映画

 『銃』は、芥川賞作家・中村文則さんのデビュー作が原作。ある雨の日に河原で偶然拳銃を拾った一人の大学生が、その銃に取り憑かれ、狂気に染まっていくさまを描いたストーリー。『百円の恋』などを手がけた武正晴監督がメガホンをとる。

 作品ではその大学生・西川トオル役を村上が演じる。また、そのトオルと一時心を通わせるヒロイン・ヨシカワユウコ役を広瀬アリス、殺人事件の現場で消えた拳銃を追う中トオルにたどり着き、つきまとう刑事役をリリー・フランキーが担当。トオルの軽薄な友人・ケイスケ役に岡山天音、トオルとワンナイトラブの関係となる、通称“トースト女”役に日南響子、さらに元モーニング娘。の新垣里沙と、個性的な若手陣が脇を固める。また映画は10月25日に開幕した第31回東京国際映画祭で日本映画スプラッシュ部門に出品され、ワールドプレミア上映された。さらに映画祭では武監督が日本映画スプラッシュ 監督賞、村上が東京ジェムストーン賞を受賞と2冠を達成、話題を呼んでいる。

 父親が俳優の村上淳、母親がシンガーのUAという芸能人の両親の間に生まれた村上は、2014年の映画『2つ目の窓』(河瀨直美監督作)で映画初出演を果たし、同作品で第29回高崎映画祭・最優秀新人男優賞を受賞。以後、『武曲 MUKOKU』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』やドラマ『仰げば尊し』(TBS系)『この世界の片隅に』(同)など話題作に多く出演、『武曲 MUKOKU』では第41回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞するなど、その演技は高く評価されている。また本作には、実父である村上淳が出演、父子の共演はデビュー作『2つ目の窓』以来であり、2人は映画のクライマックスに衝撃的なシーンを披露している。

村上虹郎

村上虹郎

<INDEX>
○ピッタリ、といわれると複雑な気持ちでもある役柄
○雰囲気、決定的瞬間…モノクロ映像からの様々な印象
○音楽は「自分を形作っているものの一つ」
○撮り下ろしカット
(8300文字)

記事タグ