関ジャニ∞の大倉忠義がブログで、一部のファンの過激な行為に苦言を呈していた件で、松本人志は18日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』でコメントした。

 大倉は、会員制サイトを通じて、一部のファンによる過剰な行為があったと報告。「精神的に辛いです」「そろそろ限界」と吐露していた。

 この日の放送ではくだんを取り上げた。

 家に勝手に侵入されるなど、自身も一部ファンの迷惑行為を受けたことがあると語った松本人志は「僕らはテレビで言ったり、ラジオで言ったり、どこかでストレス発散にもなるけど、彼らはなかなかそういうこともできない」と同情。更に「熱狂的な度が過ぎたのは、40代ぐらいになったらだいぶ減ると思う」と持論を展開した。

 また、この日出演した乙武洋匡氏は、万が一の話として「(大倉さんは)『限界です』とまで仰っているから、『僕辞めます』となった時に、他のファンの方が可愛そうだなと思う」と述べた。

 一方、ともに出演した元NHKアナウンサーの神田愛花は「最初びっくりしたのは、会員制サイトとはいえ、アイドルの方が自分で発言ができる状況になったんだということが感動しました」と別角度からくだんを指摘。

 続けて「もともとそういうことを言っちゃいけないとか事務所から言われてもおかしくない立場なので、それが言えるようになったことが、こういうことが改善できることの第一歩がようやっと始まったのかなと思いました」と語った。

記事タグ