俳優の矢野聖人が主演を務める映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』が11月3日から全国公開される。客足が遠のいた、クジラの博物館を盛り上げるために奮闘する青年の姿を描く。矢野は実際にクジラの調教などにも挑むなど、興味深い作品となっている。今回はその矢野に、調教や取り組み、クジラをテーマとした映画の主題に対する思いなどをたずねてみた。インタビュー直前の雑談時には、スタジオのオブジェとして飾ってあったウクレレに興味を示し、ギターの話に触れていたこともあり、合わせて音楽に対しての興味なども語ってもらった。【取材=桂 伸也/撮影=冨田味我】

矢野聖人初主演作品はクジラ飼育員

 『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』は、和歌山県の紀伊半島の南に位置する太地町、新宮市、那智勝浦町、串本町で撮影、実在する「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラの飼育員のリーダーに選ばれたクジラ好きの主人公が、同僚と協力し合い、様々な困難にぶち当たりながらも博物館を盛り立てるべく奮闘する姿を描いたストーリー。ショートショート作品『幸せの青い鳥居』や映画『U・F・O Ushimado's Fantastic Occurrence うしまどの、ふしぎなできごと』、テレビドラマ『TRICKシリーズ』(テレビ朝日系)スピンオフ作品『警部補 矢部謙三』などを手がけた藤原知之監督がメガホンをとる。

 クジラ好きで、飼育員として優れた実績を見せながらも、人見知りな性格を持つ主人公・鯨井太一役を矢野が担当。さらにメインキャストとして、東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた女性・白石唯役を武田梨奈、学芸員で太一のよき理解者となる間柴望美役を岡本玲が演じる。他にも若手実力派俳優に混じり、博物館の館長役を鶴見辰吾、さらに近藤芳正が特別出演と、ベテラン陣が脇を固める。また出演には虹のコンキスタドールの清水理子、AKB48の山本瑠香らも名を連ねており、主題歌には清水が歌う「Colorful~あなたといた時間~」が起用されている。

 2010年に所属事務所が主催した蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主演オーディションでグランプリを受賞、俳優デビューを果たした矢野は、以後テレビドラマなどを中心に活躍の幅を広げている。テレビドラマでは『よろず屋ジョニー』(フジテレビTWO)などで主演を務める一方で、映画作品では今作が初めての主演となる。

矢野聖人

矢野聖人

<INDEX>
○鯨と向き合うことを様々な視点で感じた撮影
○この歳で叶えたかった目標が一つ叶った。でも思いは意外と冷静に
○幼い頃から身近にあった音楽

記事タグ