女優の長谷川京子のヨガ姿が話題だ。ダイナミックに片足を突き上げたポーズに、ファンから「美しい」「すごく綺麗」などと賛辞が届いている。

 15日に自身のインスタグラムを更新した長谷川。「......これが限界 足を真っ直ぐ、一直線にしたいな....」とコメントを添えて、自らの画像を公開した。

 画像の中で長谷川はスポーティーなピンク色の短パン姿。自然をバックにヨガにのぞんでいる。身体を前方に倒して両手を床につけ、左足を大きく突き上げている。

 短パンからのぞく脚は引き締まったきれいな美脚で、上半身も背中から腕にかけてついた筋肉を確認できる。そこに影ができることで彫刻のような体つきになっており、長谷川の日頃の鍛錬が一目でわかる身体だ。

 ファンからは多くの反響が寄せられ、「美しすぎます」「美しいフォルム」「足のライン、体のライン、すごく綺麗」などと称賛が相次ぎ、「柔らかいですね!」「こんなに柔らかかったのか」「ここまで、柔軟性があるなんて素晴らしいです」と、脚と上半身がほぼくっついた身体の柔らかさにも驚きの声が挙がった。

 さらに、「素晴らしい美脚とカワイイ筋肉!」「背中、肩、腕、脚、鍛錬された証が美しい筋肉の影となりウットリ」と、長谷川の鍛えられた筋肉ボディにくぎ付けになる人は多いようだ。

 先日にはインスタグラムで、女優の井川遥との2ショットを公開していた長谷川。ともに1男1女の母親であり、“ママ友2ショット”として話題を集めたばかりだ。

 最近では映画「君は月夜に光り輝く」に出演することが発表されるなど、女優として確かな個性を発揮。その陰には、母として女としての日々の努力が隠されているようだ。

 ちなみに、長谷川は昨年11月、都内でおこなわれた『旅色創刊10周年イベント~ワタシらしい、旅の発見。~』に出席。

 2008年に掲載された『旅色』のインタビューで「旅は私の心を満たしてくれる心の栄養補給」と語っていたことに触れ、「一人で行く機会が減ったんですが、自分よりも子供が喜んでくれる事の方がプライオリティ」と述べていた。

記事タグ