宮崎県在住の高校生シンガー・みゆなが11月13日に、テレビアニメ『ブラッククローバー』のエンディングテーマでもある新曲「天上天下」の配信がスタートした。

 「天上天下」はテレビアニメ「ブラッククローバー」のエンディング曲として放送されてからおよそ1カ月半が経過した今でも、インディーズバンドの音楽配信サイトEggsにて投稿しているデモ音源が4週連続ウィークリー1位を獲得するなど、ファンから配信を熱望されていた楽曲である。

 楽曲配信開始の1週間前に、事前告知として配信情報を発表した際には「待ってました!」「あと1週間も待てない;;」「嬉しい!」
とファンからの喜びのコメントも届き、まさに待望の配信リリースとなった。

 また、今回配信された「天上天下」は、YouTubeにてテレビアニメ「ブラッククローバー」のアニメED版ミュージックビデオも公開されており、ブラクロのアニメファンからも注目のMVとなっている。

 今回の新曲「天上天下」も、みゆなの圧倒的な歌唱力はそのままに、前作「ガムシャラ」とはまた違った世界観を作り出している。軽快なアップテンポに加え、「天上天下 唯我独尊」という印象的なフレーズ後から展開されるサビはもちろん、歌詞全体に巧みな言葉遊びがされており、何度聞いても新しい発見がある斬新な1曲だ。

 同アニメのオープニング曲である「ガムシャラ」も、配信開始から1カ月半でサブスクリプションの再生回数が30万回を突破、初リリースとは思えない人気で、みゆなの“耳に残って忘れることのできない中毒性のある歌声”に魅了される人が続出しているようだ。

記事タグ