SKE48の松井珠理奈(21)、須田亜香里(27)、大場美奈(26)、惣田紗莉渚(25)、古畑奈和(22)、荒井優希(20)が12日、都内でおこなわれた『SKE48 10周年記念 イオンカード(SKE48)デビュー発表会』に登場。松井は今年の選抜総選挙以降初めてマスコミの囲み取材に応じ、改めて総選挙一位になった思いや現在の健康状態、心境などについて語った。

 『SKE48 10周年記念 イオンカード(SKE48)』は、SKE48の10周年を記念にイオンクレジットサービス及びイオン銀行とコラボレーションして作ったスペシャルデザインのクレジットカード。従来のサービスに加えて、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」でSKE48のメンバーを選んでカード券面で表示できる機能や、買い物でポイント加算される「ときめきポイント」の点数に応じてSKE48のオリジナルグッズがもらえるなどのスペシャル特典が用意されている。

「ご心配をお掛けしました」復調の様子を語る

 イベント終了後、囲み取材に移りメディア側から取材を始めようとした際、松井は「すいません、最初になんですけど、一言だけ言わせてください」とまず自ら挨拶し「体調を崩してしまい、このたびはご心配をおかけしました。少しお休みをさせていただいて、だいぶ元気になったので、今日も復活して、こうして参加させていただけていることがすごく嬉しいなと思っています」と各方面に心配を掛けたお侘びと、この日登壇した気持ちの程を語る。

 ほぼ体調は万全だが、まだ握手会は再開できていなく、先週3日におこなわれたイベントでトークショーとハイタッチのみ参加した松井。久々のファンとの交流には「泣きながら“待っていたよ”という声も聞いたので、すごく嬉しかったです」と振り返りながらも、早く握手会のほうも再開したいと、アイドルとしての活動に向けても意欲満々の様子。

松井珠理奈

 一方、SKEのナンバー2として松井の復帰までグループを支えて来た須田は「この夏は先輩がいない状態で、後輩たちだけでSKE48を、珠理奈さんがいないことで勢いを失ったといわれたくないという一心で、勢いそのままに、(松井が)帰ってきたときによりパワーを一緒に出せるように、というようにみんな後輩たちで支えさせてもらおうともがいてきました」と復帰を信じて奮闘していたことを振り返る。

 続けて「そういったものが、今こうやって一緒に合わさることで、皆さんにいい元気として、パワーとして伝えられていたらいいな、という希望を感じながら、今日一緒に立てたことを嬉しく思っています」と松井と同じくこの日登壇できたことの喜びを語っていた。

「センチメンタルトレイン」PVは泣きながらも「帰っていく場所があると実感」

 改めて総選挙の結果を受けたときの心境を、松井は「当日はSKEのために一位にならなきゃ、という気持ちと、自分のためにも10年やってきたから、ファンの皆さんのためにも、一位にならなければと思って、自分を追い込み過ぎて…、当日のことはほとんど覚えてないというのが実際なんです」と回想する。

 一方で「指原さんとか先輩や、卒業生された方からもおめでとうと改めて言ってもらえて、改めて自分が一位になったという実感が湧きましたね。あと地元の方や、普通にプライベートでお店に遊びに行ったときにいた店員さんから“一位、おめでとう”と声を掛けていただくようにもなったので、すごく嬉しく感じています。休んでしまった分、これから一位、二位でSKEの勢いをもっとアピールしていけたらいいと思います」とようやく総選挙一位を実感、今後への意気込みの程を語る。

松井珠理奈

 他方、総選挙一位になりながら、自身参加することができなかった曲「センチメンタルトレイン」について「(PVは)見ました。何回も見て泣きました。でもあれを見たことによって、自分の帰っていく場所があるんだと実感できたり、それこそSKEのメンバーの子たちが、私の分も頑張ってくれているんだなとすごく頼もしく見えて。帰るのが楽しみだなと思いました」と特別な思いでその曲を感じていたことを振り返る。

 また小学校6年生の頃から約10年、ほぼ休みの日もなく続けてきたという道のりを振り返り、今回の休養を経て心身ともに健康な状態に戻ったと、改めて断言。その一方で、復帰後に雑誌のインタビューなどで自身が「太った」などと語っていたこともあったが「ファンの方にも“今が一番ちょうど良いんじゃない? 前までガリガリで心配だった。ガリガリなのに、プロレスが出きるんだ!?”って言われて。もしかしたら今が一番いい体型で、プロレスがやりやすいかもしれないですね」などと笑顔で語っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ