人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケード・ゲームのキャラクター ラルフとヴァネロペの冒険と友情を描いた大ヒット作『シュガー・ラッシュ』の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)。前作に続き、『ストリートファイター』のザンギエフやパックマン、ソニックなど様々なゲームのキャラクターが再び登場。さらに『ズートピア』のニックをはじめディズニーキャラクターたちがカメオ出演する本編シーンが解禁となった。

 ゲームの世界に暮らす、プリンセスでありレーサーのヴァネロペと、心優しいゲームの悪役キャラクターラルフの2 人は大親友。ある日ヴァネロペのレースゲーム“シュガー・ラッシュ”のハンドルが壊れてしまい、“シュガー・ラッシュ”は廃棄処分の危機に…。このままだとヴァネロペはゲームの世界にいられなくなってしまうが、オークションサイトにハンドルが売っていることを知る。そこで二人はゲームセンターに新しく導入された[Wi-Fi]を通じて、誰も見たことの無いインターネットの世界へ飛び出して行く…

 このほど、解禁となった映像では、前作に続きゲームのキャラクターたちが再び大集合する姿が!“インターネット”を全く知らないラルフは[Wi-Fi]の文字を見て「ウィッフィって何だ?」とちんぷんかんぷん。そんなラルフにソニックは「インターネットのことさ」と解説する。新しい世界にワクワクのヴァネロペは「行けば分かるよ」とインターネットの世界に飛び出すが、そこは見たことがないような広くて大きな世界。ハンドルを手に入れるためオークションサイトを探す二人だが、途中でヴァネロペはディズニーキャラクターが集まる「OH MY DISNEY!」へ迷い込む。そこには『ズートピア』のニックや『白雪姫』のおこりんぼう、ピーター・パン、ティンカー・ベル、ベイマックスに『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤーなど、たくさんのディズニーキャラクターたちの姿が!よく見るとじゅうたんの柄がミッキーになっていたりと細かい所にまで小ネタが満載。インターネットの世界だからこそ実現した夢の豪華共演にワクワクが止まらない映像となっている。

 本作の監督は『ズートピア』でアカデミー賞を獲得したリッチ・ムーア。前作で大親友になったラルフとヴァネロペだが、インターネットの世界に行くことで二人の友情に変化が生まれてくる。リッチ・ムーア監督は「この映画は変化を描いた作品なんだ。二人はずっと同じ世界のままではいられないことに気付こうとしており、二人の友情が試されるんだ。本作でラルフとヴァネロペが経験する心の葛藤は、かなり強烈で複雑なものになっている。それは『ズートピア』を制作したことでキャラクターの感情の深みが、必ず観客の心に響くということを学んだからできたことなんだ」と明かしている。日本中を感動の渦に巻き込んだ『ズートピア』のニックとジュディのコンビを生んだリッチ・ムーア監督だが、本作では一体ラルフとヴァネロペの友情をどう描くのか?インターネットの世界を舞台に描く最新作は『シュガー・ラッシュ:オンライン』は12月21日(金)より全国公開。

記事タグ