今年1月に引退した音楽プロデューサーの小室哲哉氏の近影動画が反響を呼んでいる。エイベックスの松浦勝人会長が公開したもので、ファンから「本当に嬉しかった」などと感激する声が寄せられている。

 松浦会長は9日に自身のインスタグラムを更新。「TK petit recital」と書き出し、小室氏がピアノを弾く“プチリサイタル”の動画を公開した。

 続けて松浦会長は「仲間の前で久々に少し照れながらピアノを弾いてくれた」と小室氏の様子を綴り、自らの小室氏への思いに言及する。

 松浦会長は「その姿はどこか物悲しそうだった。そして聞いている人は泣いていた。僕は昔、avexの店でピアノを何時間も一心不乱に弾き続ける小室さんをみて大きな決断をしたことを思い出した」と、小室氏との思い出を振り返る。

 そして、「正直こんな天才はもう出てこないだろう。そう思ったからあの時も決断をした。しかし、またその才能を何かに奪われたような気がして悲しくてならない。どうにかこの才能を応援し、これからも彼に付いていくつもりだ」と続け、小室氏の才能への強いリスペクトを綴っている。

 公開された動画は、ピアノを弾く小室氏を横側から撮ったもの。その選曲は「CAN YOU CELEBRATE?」や「Get Wild」、「SWEET 19 BLUES」などで、小室氏の名曲を繋ぎ合わせたダイジェストだ。

 演奏の最中には、観客と思われる人からの歓声が聞こえ、演奏終わりには、小室氏が照れたように頭を振る様子も捉えられている。

 この動画の反響は大きく、公開からわずか2時間ほどで「いいね!」の数は5千件を超えた。

 ファンからも多くの投稿が見られ、松浦会長への感謝とともに、「こんなに繊細に曲を作り、ピアノを弾く音楽家は他に存在しない」「音が聴けて、笑顔が魅られて、本当に嬉しかった」などと歓喜の声が挙がり、「小室さんがみんなの前でピアノの弾いてくれる日を待っています」と小室氏へのメッセージも寄せられている。

 この編集動画は、松浦会長が8日にインスタライブで配信したもの。

記事タグ