ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは7日、冬の期間限定イベント『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』を一般公開に先駆けて、報道陣に初公開した。

 今年でフィナーレとなるクリスマス・ライブショー『天使のくれた奇跡』のクライマックスでは、クリスマスツリーが点灯した瞬間、ギネス世界記録を8年連続で更新。さらに、『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』では、エリア誕生以来、最大となる魔法がホグワーツ城にかかる『ホグワーツ・マジカル・ナイト』も同時に解禁。人間界と魔法界、2つのクリスマス・モーメントが、冬のパークの夜空を華々しく彩った。

 「天使のくれた奇跡III~The Voice of an Angel~」終了後、クリスマス・アンバサダーを務める「関ジャニ ∞」がサプライズで登場すると、会場は割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こり、感動から一転、笑顔が広がった。

 『ホグワーツ・マジカル・ナイト』、『天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~』と、冬のパークの夜を彩る人間界と魔法界での2つのクリスマスショーで“Wセレモニー”を体験した関ジャニ∞のメンバーはそれぞれ以下の通りに語り、10 年間感動を届け続けてきた『天使のくれた奇跡』の存在に、そして USJ に『ありがとう』という気持ちを伝えた。

 錦戸亮「メンバーのみんなにもここに来てくださったみなさんにも『ありがとう』を伝えたくなる」

 大倉忠義「USJから全国へ『ありがとう』の気持ちを届け、暖かさに包まれるクリスマスにしたい」

 横山裕「世界最高のエンターテインメントを見届けていただきたい。関ジャニ∞も胸をうたれた。みなさんにも実際に足をはこんでほしい」

 また、村上信五より、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの冬のシンボルであるクリスマスツリーが8年連続で電飾数世界最多のギネス記録を更新(58万806個、2018年10月23日現在)したことが発表された。

 関ジャニ∞のメンバーは『天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~』を鑑賞した後、「ありがとう!」と叫ぶメンバーもいるほど、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが誇る、クリスマス・エンターテイメントを満喫した。

 クライマックスには「ユニバーサル・イリュージョン・ツリー」が8年連続でギネス世界記録を更新。いよいよ今年フィナーレ「天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~」、10 年目の今年、ついにフィナーレの年をスタートさせる。

記事タグ