アイドルグループのSUPER☆GiRLS(スパガ)が11月4日、AiiA2.5 Theater Tokyoで『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!』を開催。同ライブイベントは第4期メンバーの最終オーディションを観客の前でおこない、さらにSUPER☆GiRLSのワンマンライブのステージを届けるもの。オーディションでは計18人の最終候補者が3組に分かれパフォーマンスを披露。その後のワンマンライブでは14日リリースの最新シングル「わがままGiRLS ROAD」など計22曲を披露し観客を魅了した。来年1月11日を以て卒業する、溝手るかは「これからも頑張って欲しい」と残るメンバーとこれから加入する4期生に向けメッセージを送った。【取材=松尾模糊】

最終オーディション

 会場には、一目次なるSUPER☆GiRLSの新メンバーを、そして来年1月11日のZepp DiverCity (TOKYO)でのワンマンライブ『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 〜新たなる道へ〜』を以てグループを卒業する渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩の5人の残り少ないステージを見ようと多くの観客が会場を満たした。

 まず最終オーディションがおこなわれた。司会をお笑いコンビのどりあんずが務め、彼らの呼び込みで18人が登場。今回のオーディションはMBSラジオ、FRESH LIVE、SHOWROOMの3つのルートで一般、アイドル経験者を対象とした新メンバーオーディション公募がおこなわれ、それぞれのルートで最終候補に残った18人が3チームに分かれてSUPER☆GiRLSの「花道!!ア〜ンビシャス」をステージでパフォーマンス。観客の合いの手が彼女たちを鼓舞する中、この日の為に特訓を重ねて来た成果を思う存分に示した。

 なお、この日の結果は、SUPER☆GiRLSが12月19日の東京・TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブ『SUPER☆GiRLS 超 LIVE2018 8thDEBUT Anniversary〜NEW GENERATIONS!!!!〜』で合格者がメンバーとしてステージに立つことで発表される。

 オーディションが終わり、ステージ転換後にSUPER☆GiRLSが登場。浅川が「今日は思いっきり楽しんで行きましょー!」と呼びかけ、大きな歓声が鳴り響く中、「わがままGiRLS ROAD」でステージを開始。「女子力←パラダイス」などアッパーチューンを連発し会場のボルテージも上がる。

 MCでは、溝手が「オーディションで温まっているから、みんないい感じで艶が出ています(笑)」と会場の笑いを誘う。宮崎は「みんないい子だから、受かって欲しい」と最終候補者たちをねぎらった。

スパガの関係性を示す「おもいでアップデート」

 長尾しおりが「本命をお届けします」と呼びかけ、オーディション曲と使用された「花道!!ア〜ンビシャス」を披露。メンバーが客席に降り、通路でパフォーマンス。より近い距離で観客との掛け合いを楽しんだ。

 ホーンセクションがシックに響く「シェルターなんかいらない」、可愛らしい乙女チックな「Girl's Party-my friend Jenny-」などのユニット曲も披露し様々な魅力を見せた。

 内村が「皆さん、恋したくないですか?」と呼びかけ「恋愛ルール」を歌唱。そのまま「いそいでアダム」、『「サヨナラ」なんて』などミディアムナンバーを届けステージに緩急をつけることも忘れない。

 そして、2期メンバーとして唯一残る決断をした渡邉幸愛が「みんなとの思い出を胸に歌います」と言い「おもいでアップデート」を披露。同じ2期メンバーの浅川と内村が幸愛と肩を組みながら仲良く歌う様子が印象深かった。

 歌唱後には、溝手が「来年1月11日を持ちまして、5人が卒業します。いつまでもふざけている時間が楽しくて、そんなスパガの関係性が『おもいでアップデート』に表れているなと。残り少ない時間ですが、皆さんと楽しんで行けたらと思います。残る決断をしてくれた幸愛と3期生、そしてこれから加入する4期生にはこれからも頑張って欲しいです」とグループへの想いを語った。

 浅川が「ラストスパート、盛り上がって行きましょー!」と呼びかけ、「イッチャって♪ヤッチャって♪」ではコール&レスポンスで盛り上がり、「EveryBody JUMP!!」ではメンバーが客席に向かいゴムボールを投げ込むパフォーマンスも。

 アンコールでは、メンバーがそれぞれのカラーのパーカーを着て登場。「ラブサマ!!!」で大団円の中ステージを締めくくった。

記事タグ