「世界×台湾のエガオノオト」を開催する歩りえこ氏

 旅作家で写真家の歩りえこ氏が11月29日~12月2日、東京Gallery MOSTOで94カ国を旅した際に撮影したエガオ溢れた写真展「世界×台湾のエガオノオト」を開催。赤ん坊から、お年寄りまで94カ国を旅して撮った笑顔たちの写真展。歩氏は「訪れたみなさんにホッコリしてもらえたら」と語る。

 歩氏は、その豊富な旅の経験から、旅作家としてメディアに登場することが多い。南極を除く五大陸94カ国を一人旅して、 独自の国際交流を続けている。写真学校で学んだ経験を活かし、世界中のこどもたちの笑顔を撮り続けている。現在、2児のシングルマザーとしての活動の場も広げている。

 今回の写真店について「台湾に美しい景勝地はたくさんあるけれど、私がいつも街を歩いている時に美しいと感じるモノは台湾人の優しく包み込むような笑顔の皺です。台湾では夫婦共働きの家庭が多く、じいじばあばが孫の世話をするのが一般的。顔をクシャクシャにして孫に笑いかけるおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔を見ると本当にホッコリしちゃうんですよね。『世界のエガオ』では子供たちのエガオを中心に展示していますが、『台湾のエガオ』ではそんなシニア世代の笑顔を中心にセレクトしてみました。 台湾人の温かい笑顔に包まれて、訪れたみなさんにホッコリしてもらえたら嬉しいです」とコメント。

 なお、展示初日となる29日は午後3時から、その後は午前11時から夜7時まで展示会は開催される予定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)