ベッキーのアート展『空へと』が、福岡で開催されることが決まった。

 今年9月に東京(NEWoMan ART wall.)で開催された、自身初のアート展。10月に、大阪(梅田 蔦屋書店)で開催されたのに次いで、福岡で開催される。

 次のアート展のステージとして選んだのが、昨年、イメージキャラクターとしても登場したJR博多シティ AMU EST。

 11月8日(木)から11月16日(金)までの9日間、福岡のアミュエストで『「空へと」~ ベッキー meets AMU EST supported by BASE ~』として開催される。

 今回展示されているメイン作品は3点。サイズは、162cm×162cmの特大サイズとなっている。

 作品タイトルはそれぞれ、『人生はスバラシイ』 『空へと』 『じゆうでいいんだ』。 約2カ月間をかけて制作した。

 この3作品については、ベッキーの「作品をみていただいた方の中から、本当に大切にしてくださる方に差し上げたいです」との思いで、寄贈される。

 今回の展示にベッキーは「大好きな福岡での個展。うれしいです。福岡は、お仕事でもプライベートでも多くの思い出がある場所。ぜひ、お買い物の途中に、出勤のついでに、どんなタイミングでも構いません。観にいらしてください」とコメント。

 展示作品の一部は、オンラインショップ『BASE』で販売される予定。

 ベッキーは昨年、放送作家の高須光聖氏が立ち上げたアートプロジェクト『1万円アート』に参加。それがきっかけで、アートの世界に興味を持ち始め、以来、絵を描き続けている。

開催概要

『 空へと 』
~ ベッキー meets AMU EST supported by BASE ~

期間:2018年11月8日(木)~11月16日(金)
時 間: 10:00~21:00
場 所:アミュエスト1Fサービスカウンター横
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号 アミュエスト(博多駅直結)

記事タグ