シンガーソングライターのNakamuraEmiが、Volkswagenとのコラボレーションソングとして書き下ろした新曲「相棒」のミュージックビデオが公開された。MVについてNakamuraEmiは「人のような家族のようなそんな存在を表してくれた温かい」と語っている。

 3月に発売されたMajor 3rd Album「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5」に収録されている「モチベーション」がVolkswagen New Polo「カワイイだけで、生き残れる時代じゃないから。」RENA篇WebCMソングに起用。

 それをきっかけに、NakamuraEmiのツアーにGolfが提供されるなど様々なコラボレーション企画が展開されており、今回新たにコラボレーションソングとして新曲「相棒」が書き下ろされた。

ミュージックビデオの一コマ

 このミュージックビデオでは車の中でしか言えない「ここだけの話」を“相棒”に語り掛けたり、車と過ごす日常の中で感じた彼女の思いや感情をスタイリッシュに切り取り描き出されている。

 ミュージックビデオにはVolkswagenの「Type3」や「The Beetle」が登場し、自分と“相棒”だけの空間でいくつもの「素」の表情が繰り広げられているのも見どころの一つとなっている。

 この楽曲は既にデジタル配信がスタートしており、11月3日(土・祝)にはレコードの日にちなみ1,000枚限定生産の7inchアナログで発売される。

ミュージックビデオの一コマ

 7inchアナログは完全限定生産となり、1から1000までのシリアルナンバーが入ったオリジナルステッカーも封入されている。

 このミュージックビデオに関して、NakamuraEmiからコメントが届いている。

NakamuraEmiコメント

楽しかった日

辛かった日

悲しかった日

明日が楽しみな日

明日が怖い日

自分と向き合いたい日。

そんな日々に何も言わず側にいてくれて風や光を色々な場所から差し込ませてくれる「相棒」。

人のような家族のようなそんな存在を表してくれた温かいMusicVideoになりました。

素晴らしい機会とチャンスを本当にありがとうございました。

記事タグ