ゆずの北川悠仁の“ハロウィーン仮装”が斬新と話題だ。

 10月31日、インスタグラムを更新した北川。ハッシュタグのみの「#ハッピーハロウィン #トリックオアトリート #ブルーオアホワイト」という短い文章に添えたのが、本人と思われるどアップ写真。しかも顔の半分は青、もう半分は白に塗ってある。

 本人投稿によれば「ブルーオアホワイト」。ハロウィーン仮装は、一般的にはゾンビなどの格好に扮するものだが、パフォーマンスグループのブルー・マンならぬブルーオアホワイトに扮した。

ゆず北川悠仁が公開した「青白縦男」(Instagramより@yujin_kitagawa)

 その斬新な“仮装”に「ビックリ!」「悠仁、面白い」「元気が出る」と反響の声が上がっている。

 実はこの「ブルーオアホワイト」の姿は、過去にも「青白縦男」として披露している。その時は全身の姿を披露しており、青のジャケットに白のパンツ。顔は縦に青と白。一緒に写っていた岩沢厚治も同様の衣装で、青白のラインが横になっていた。

 そうした過去を知っているファンからは「ハロウィンに縦男さんに会えるなんて嬉しい」と思わぬ“再会”に喜びの声を上げているものもあった。

 その北川は先日、自身が描くマスコットキャラクターの「ゆずマン」を漫画化し、WEBマンガ『まいんち ゆずマン』として連載されることを発表した。

 楽曲などで元気を与え続けているゆず。「青白縦男」などに見られるような、こうしたユニークさでもファンの心をほっこりとさせている。

この記事の写真

記事タグ