メインダンサー&バックボーカルグループの超特急が、ミュージシャンのHYDEが主宰するハロウィンフェスで“ディズニー”のキャラクターに仮装。HYDEらとの記念ショットを公開し、メンバーのユーキは「もう忘れられない1日確定」と感無量の様子だ。

 27日に自身のインスタグラムを更新したユーキ。「HYDE様主宰『HALLOWEEN PARTY 2018』」と書き出し、26~28日に千葉県・幕張メッセ―で開催されたHYDE主宰のハロウィーンフェスに参加したことを報告した。

 さらに、「もう忘れられない1日確定」と最高の時間を過ごしたようで、ハッシュタグで「#この日にかけてた」と満足感を伝える。

 そして、ディズニー映画のキャラクターに扮したメンバーと、「不思議の国のアリス」のアリスに仮装したHYDEやBREAKERZのDAIGO、ゴールデンボンバーの喜矢武豊との記念ショットを公開している。

 超特急のメンバーが扮したのは、ベイマックスや「トイ・ストーリー」のロッツォ、「アラジン」のジーニー、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のジャック、ティンカー・ベル、そして、プーさん。ユーキが扮したのはロッツォだ。

 このハロウィーン仮装にはファンから大きな反響が挙がり、「似合いすぎて恐ろしい」「今年はすごいクオリティ高い」などと好評の声が挙がる。

 その一方で、骸骨のジャックに扮したリョウガには「仮装してます…よ…ね!?」、タクヤのティンカーベルには「米倉涼子さんに似てます」などの声も挙がるなど、ファンにはツッコミどころ満載のようだ。

 そして、ユーキが記したように、「不思議の国のアリス」のアリスに仮装したHYDEとの記念ショットにも大きな反響が寄せられ、「HYDE様に抱きつくなんて…やりよる!」「HYDE様に抱きつくユーキさん最高」などと称賛のコメントが集まっている。

 超特急は7月、都内でおこなわれた映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』大ヒット記念イベントに登場し、映画のキャラクターであるチューバッカのコスプレを披露。その際も大きな反響を集めていた。

記事タグ