サザンオールスターズのゆかりの地である「茅ヶ崎」の夜空を、サザンの音楽と花火が彩る『茅ヶ崎サザン芸術花火2018』が27日、サザンビーチちがさき(神奈川県茅ヶ崎市サザンビーチちがさき海水浴場)で開催され、最大規模の芸術花火に訪れた3万5000人の観客が酔いしれた。

 通常の花火大会とは一線を画した、「音楽」と「花火」を掛け合わせた花火エンターテインメントの先駆け“芸術花火”(企画・制作=株式会社GREAT SKY ART)シリーズ。北海道、名古屋、京都、福岡など今や全国各地で絶大な人気を誇る芸術花火が『茅ヶ崎サザン芸術花火2018』として遂に関東初上陸となった。

 通常の芸術花火では、複数のアーティストの曲で演出・構成されているが、今回は芸術花火史上初のワンアーティストの曲のみで構成した、サザンオールスターズのデビュー40周年を記念したスペシャルバージョンだった。

 サザンオールスターズの楽曲に乗せて、花火競技会で総理大臣賞を受賞するレベルの屈指の花火師達が全国から集結し、日本一の花火コレオグラファー大矢亮氏とともに「花火オールスターズ」として世界最高峰の花火玉だけで、1時間にわたる芸術花火ショーを繰り広げた。

 サザンオールスターズのデビュー40周年を慶ぶ祝砲のように濃密で感動的な花火が茅ヶ崎の夜空を彩り、全国から集まった3万5千人を魅了した。本編は約60分、デビュー当時の曲から最新曲までサザンオールスターズの名曲・大ヒット曲計13曲とともに芸術花火史上最大の火薬量の花火で構成。

茅ヶ崎サザン芸術花火2018

 オープニングナンバーを飾ったのは、この夏を風靡した「壮年JUMP」。爽快なイントロにのせて、カラフルかつ爽やかで、ポップな世界観を見事に表現した遊び心溢れる花火だ。この楽曲で曲展開とのシンクロはもちろん、曲の世界観とのシンクロをできる唯一無二の花火が芸術花火であることを見せつけ、一気に観客を魅了した。

 続いて「希望の轍」が流れ出すと場内では大きな歓声が湧いた。JR茅ヶ崎駅の発車メロディーとしても使われているこの楽曲は、歌詞の中に“遠く遠く離れゆくエボシライン”というフレーズがあることから茅ヶ崎市民にとっては特別な一曲だ。サザンデビュー40周年の節目の年に、茅ヶ崎にゆかりのある楽曲「希望の轍」に乗せて、ゆかりの地・サザンビーチちがさきで打ち上げられるという奇跡とも言える光景に観客の興奮は早くも最高潮に。

 「壮年JUMP」で見せた軽やかで遊びの効いた世界観と対照的に、ストレートに圧倒的な熱量が込められた芸術玉の美しさで魅了した「希望の轍」で使用された花火玉は、花火競技会で総理大臣賞を幾度も受賞している日本一の花火師・野村煙火工業の野村陽一氏の作品。世界最高峰の玉をあれだけ多くの数、1つの演目の中で打つことができるのは今回の『茅ヶ崎サザン芸術花火2018』だけである。

 「真夏の果実」や「いとしのエリー」そして「TSUNAMI」と言った珠玉のバラードと美しい尺玉が涙を誘い、「東京VICTORY」で会場のボルテージをあげ、「勝手にシンドバッド」では茅ヶ崎から始まったサザンオールスターズの物語を花火で紡ぎ出すかのごとく個性溢れる花火が空を舞い、「みんなのうた」では次から次へと打ち上がる芸術玉が夜空を埋め尽くした。

 ラストナンバーとなった「蛍」では、直径300メートルという特大のサイズを誇る一尺玉が、楽曲の世界観を茅ヶ崎の空に表現し、3万5千人が感動に包まれた。今回使用された花火の中には、各花火師たちが楽曲の歌詞を読み、そこからインスパイヤされたイメージをもとに作り出したオリジナルの玉も多かったことも他の花火大会とは違うポイントだ。さらには一度に打ち上がる花火の横幅が600メートルを超えることもあり、視界に入りきらないほどの圧倒的な花火がサザンオールスターズの楽曲とシンクロする姿は圧巻の一言だった。

 サザン40周年の節目に、ゆかりの地である茅ヶ崎で、世界最高峰の花火が打ち上がる。サザンオールスターズが40年以上、長きに渡りファンとともに歩んできたらこそ成し得た、エンターテイメントの歴史に残る一夜だった。

曲目

M1.壮年JUMP
M2.希望の轍
M3.真夏の果実
M4.そんなヒロシに騙されて
M5.いとしのエリー
M6.LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜
M7.SEA SIDE WOMAN BLUES
M8.東京VICTORY
M9.TSUNAMI
M10.勝手にシンドバッド
M11.HOTEL PACIFIC
M12.みんなのうた
M13.蛍

記事タグ