きゃりーぱみゅぱみゅが26日、日本武道館で開催された『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA』初日公演で、けやき坂46(ひらがなけやき)と夢の競演。けやき坂46ファンの熱狂ぶりに「凄い」と驚きつつ、「つけまつける」や「最&高」などのヒット曲で魅了した。けやきのメンバーにはきゃりーのファンも多く、この日を迎えられたことに感動の様子だった。

 このイベントは、コンサートやライブを企画・制作・運営する、Hot Stuff Promotionの設立40周年を記念し、26日、27日、28日の3日間に渡って開催されるもの。その初日となる26日は“Mutation of POP”と題され、きゃりーとけやき坂46の2組がコラボした。

 けやき坂46のステージの後に登場したきゃりー。「にんじゃりばんばん」や「インベーダーインベーダー」「つけまつける」「ファッションモンスター」などヒット曲を次々に披露して盛り上げた。

 けやき坂46のファンから「オー! オー!」や「きゃり~ちゃ~ん!」という轟くような歓声を浴びたきゃりー。「ひらがなけやきさんとの2マンということで楽しみにしてきました。『オー』という(返しが)凄いですね! 私のライブではそういうのはない!」と驚いた。

 アンコールでは、「最&高」を熱演。大歓声に包まれるなかで歌い終えると、けやき坂46のメンバーがステージに合流。きゃりーは、けやきを見て何度も「かわいい!」と笑顔。けやきも「楽しかったし、裏で(きゃりーのパフォーマンスを見て)かわいいって言ってました」と興奮の様子。

きゃりーぱみゅぱみゅ(撮影=TEAM LIGHTSOME)

 なかでもきゃりーの大ファンという東村芽依と渡邉美穂は同じステージに立っていることを夢のように感じているようで、東村は「コラボさせていただけて嬉しいです」とも。また、過去におこなわれたフェスで、きゃりー見たさに場所どりのため場内の最前列で5時間待ったという渡邉は「今本当に幸せです」と喜びを噛みしめていた。

 きゃりーもその言葉を聞き「嬉しいな」と笑顔。その一方で、けやき坂46ファンの熱狂ぶりに「本当に焦って、大丈夫かなと思ったけど盛り上がって頂いて、コールとか斬新でとても楽しみました」と語った。

 互いに「可愛い」と言い合う2組。惹かれ合う2組は最後に「原宿いやほい」をスペシャルコラボ。

 けやきの佐々木久美は「きゃりーさんの後ろで踊れて、その後ろ姿も可愛くて、こんな幸せな時間はないなと思いました」と感慨に触れ、きゃりーも「すごく皆さん可愛いですし、パフォーマンスも力強くて、私もこれから頑張っていこうと思いました」と気持ちを新たにしていた。

 なお、27日の「Ultra Boy Meets Super Girl」には岡村靖幸とYUKI、28日の「Chaos Rocks」東京スカパラダイスオーケストラ、THE BACK HORN、ポルカドットスティングレイ、King Gnuが出演する。

記事タグ