デビュー11年目に突入した男装グループの風男塾が10月10日、ニューアルバム『風ァイト!!!!!!』をリリースした。前作『STAR TRAVELER』より約2年7カ月ぶりとなる新作。去る9月24日、東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ『FUDAN10KU LIVE 10th ANNIVERSARY FINAL~風歌番付~』で10周年イヤーを華々しく締め、新たなスタートを切った新譜は、風男塾の「人を元気にさせる」という理念が存分に詰まった作品となった。収録曲についてや、日比谷野外大音楽堂でおこなわれた『風歌番付』の裏話など6人に話を聞いた。【取材=村上順一/撮影=片山 拓】

『風歌番付』を振り返る

――9月24日の日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ『FUDAN10KU LIVE 10th ANNIVERSARY FINAL~風歌番付~』で10周年のツアーも大団円を迎えましたが、思い出に残っているシーンはありますか。

愛刃 健水 「キラッとL☆VE」の時に光黄君と2人で前に行ったんですけど、歌い終わって振り返ったら4人が走ってくるんです。その走ってくる姿がめちゃくちゃ可愛かったんです。「おいでおいで」ってしてしまいましたから(笑)。

愛刃 健水(撮影=片山拓)

仮屋世 来音 俺は「もしも これが恋なら」で真咲がバイオリンを弾いていたところです。スクリーンにバラの花が投影されて、真咲と一緒に映っているんですけど、それがもう王子様みたいで忘れられませんね。

仮屋世 来音(撮影=片山拓)

――確かに印象的なシーンでした。真咲さん、いつ頃からバイオリンを始められたんですか。

紅竜 真咲 小学1年生ぐらいの時に始めたんですけど、中学生頃にはやめてしまって。なので10年振りぐらいに弾きました。でも、小さい時にやっていたことって、意外と体が覚えていて自分でも驚きました。当時のようには弾けてはいないんですけど。

紅竜 真咲(撮影=片山拓)

――意外とちょっとやると取り戻せますよね。光黄さんの思い出のシーンは?

瀬斗 光黄 自分のことで申し訳ないんですけど、やっぱりソロで歌わせて頂いた「紙ヒコーキ」です。3年前の野音でも歌わせて頂いたんですけど、その時はすごく緊張していたこともあって、ステージでのことを覚えていないぐらいでした。けど、今回3年越しの野音で再び歌わせてもらえて、自分自身が成長したなと歌いながら感じることができました。今回はあのペンライトの光景が美しかったなと記憶に残っています。『風の谷のナウシカ』のラストシーンのようで。

瀬斗 光黄(撮影=片山拓)

――あの光景は凄かったですね。しかも投票ランキング2位ですから。

仮屋世 来音 ランキングも途中まで1位でしたから。

瀬斗 光黄 でも、こんなに上位に来るなんて思ってもいなかったです。

――真咲さんの思い出のシーンは?

紅竜 真咲 「Fighting Man」は客席から観たかったですね。健水君と来音君の2人で踊って、そこにxD(クロスディー)さんのゴリゴリのダンスが加わったステージが印象的でした。プロのダンサーさんの踊りをあまり見たことがなかったんです。あと、健水君の妹さんがxDさんにいるので、絆や一体感も感じられたパフォーマンスに感動しました。

――これで真咲さん、ダンスに目覚めるかも知れませんね。「Fighting Man」といえば、その後のMCで来音さんが涙を流すシーンもありました。

仮屋世 来音 今ここで泣くところやないやろと、反省してます(笑)。涙腺はゆるい方だとは思うんですが、最近は泣かずにこれていたんですけど、あの時はなぜか涙が溢れてきてしまって…。

藤守 怜生 たまにインタビューとか、曲を聴いた時にも泣いてるよね。

藤守 怜生(撮影=片山拓)

仮屋世 来音 思い出して泣いてしまうこともありましたね。

藤守 怜生 「With You」が完成した時にも泣いていたもんね。俺の思い出に残っているシーンは、その「With You」で、xDさんが後ろでクラップをしてくれていたのが印象的でした。シンプルな振り付けだとは思うんですけど、それでも人を感動させることが出来るというところに感銘を受けました。本番は後ろを振り返れないので見えてはいないんですけど、後ろから支えて頂いている感覚がありました。後ろに光があるような感じで「With You」もいつもより力強さみたいなのがあったと思います。

――見えてはいなくても感じるものってありますよね。宙さんはいかがでした?

草歌部 宙 僕はアンコールの「勝つんだ!」と「男坂」メドレーです。というのも、初期の頃に着用していた制服を、このメンバーで着れたのが嬉しかったですし、スクリーン上ですけど、過去の先輩方ともコラボできたのが、野音ならではの演出で印象に残っています。

草歌部 宙(撮影=片山拓)

――先輩たちが実際に着ていたものなんですよね? それを着用することにプレッシャーなどはありましたか。

仮屋世 来音 先輩たちが着用していたもので、その先輩たちの名前の刺繍が入った制服です。プレッシャーはなくて、いま自分たちがそれを着れていることが嬉しかったです。歴史を繋いでいるという感覚がありました。

――今までライブで着用しなかったのには理由が?

瀬斗 光黄 やっぱり風男塾の“初期装備”で、あの制服はユニットにとっても特別なものだったんです。それもあってアニバーサリーとか記念の場所で着たいなというのがありました。せっかくなら10周年のお祝いの場でみんなで着ようとなりました。

――取っておいたんですね。さて、野音ではハプニングなどはあったりしましたか。

草歌部 宙 アンコールで実はありまして。その制服に着替えるのに僕が間に合わなくなりそうでした。靴の紐がけっこう固く結ばれてて解けなくて(笑)。靴の紐をほどきながら、みんなにネクタイをを締めてもらって、上着を着せてもらうみたいな。

愛刃 健水 そうそう、歩きながら俺が宙のベルトをしめるという(笑)。

瀬斗 光黄 あと出番まで15秒とカウントが入っているのに、全然制服が着れていなかった(笑)。

藤守 怜生 MCを入れるか、入れないか叫んでたよね(笑)。

――そんなことが舞台裏では起こっていたんですね(笑)。

仮屋世 来音 あと、9月の下旬だったんですけど、思っていたよりも湿度が高くて、汗が出すぎて脱水症状になりかけてました。それで寒い現象が起きて…。

――寒い現象ですか(笑)。

仮屋世 来音 ちょっと熱中症かもとか思ったり。「Fighting Man」の時はアドレナリンが出ていたので、やりきれた感があって。なので、実は「Fighting Man」のパフォーマンスはあまり覚えていないんですよ。

――そうだったんですね。それを感じさせないパフォーマンスでしたね。おそらく、その状態でやりきったという涙だったかも知れませんね。

瀬斗 光黄 あと、メドレーも入れて33曲、実際ライブをやってみたらあの曲数をパフォーマンスするのが大変でした。

愛刃 健水 どんどん進むに連れて体力が奪われて、結構ヤバいなという話はしていました。

藤守 怜生 俺、途中でウィダーinゼリー飲みましたから。本当に10秒で飲んだの初めてで(笑)。

瀬斗 光黄 まさに10秒チャージ(笑)。あと面白かったのは、オープニングのVTRで4人が「下を向いて帰ろう」を推していたのに、ランキングに入っていないというね(笑)。

藤守 怜生 あれだけ言っていたので、1位かと思いましたから(笑)。

瀬斗 光黄 ライブ終わったあともファンの皆さんからツッコまれましたから(笑)。

――私もどこかで入ると思っていました(笑)。皆さん的には1位の「Welcome to my familia」も予想外だったとは思うのですが、他の曲だと入っていて驚いたのは?

瀬斗 光黄 「ロンリーオンリーハート」とか、あまりライブ歌って来なかった曲に票が入ったなという感じがあります。みんな聴きたかったんだなと思いました。「Welcome to my familia」はツアーで毎回歌っていたのでレアな曲というわけではないんですけど、今の6人でリリースした曲が1位になったというのはすごく嬉しいです。

――生バンドで迫力もありましたからね。

瀬斗 光黄 そうですね。いつもはオケを流しての披露だったので、そういう意味ではレアなバージョンでした。バンドさんも曲数が多いから大変だったと思います。

――33曲ですからね。ちなみに皆さん野音の前日はどのように過ごされていたのでしょうか。

仮屋世 来音 前日は午前中から野音のリハーサルをやって、夕方で切り上げて、そこからは自由行動だったよね?

瀬斗 光黄 夕方で終えて、そこから徐々に野音に向けてモードを切り替えていくみたいな感じで。

藤守 怜生 リハの後、俺は友達とご飯食べに行っていましたね。

草歌部 宙 僕はスタジオで練習していました。その後、野音が終わったらゲームに没頭できるように、部屋の環境づくりをして(笑)。

瀬斗 光黄 そうそう、みんなでゲーム我慢していたんですよ(笑)。趣味は野音が終わってから始めようみたいな。なんか、遊んじゃうと罰があたるではないですけど、願掛けみたいな感じでそうしていました。

――我慢されてたんですね。前日にリハもあったとのことで、夜はぐっすり眠れたのでは?

仮屋世 来音 マッサージに行ってリラックスモードにして、早めに寝ようとベッドに入って横にはなったんですけど、それが全然寝れなくて朝の5時ぐらいまで起きていました…。

一同 え〜っ!

――小学生の時の遠足の前日みたいな。

仮屋世 来音 次の日のことは考えないようにしていたんですけどね。眠れないのは久しぶりでした。映画とか観たり寝落ちを狙っていたんですけど、駄目でした(笑)。

記事タグ