元ベイビーレイズJAPANの傳谷英里香が23日、都内で『「ねえG123して」キャンペーン発表会』に出席。HTML5ゲームサービスの「G123.JP」のキャンペーンアンバサダーに元プロレスラーの天龍源一郎とともに就任した。9月24日のベイビーレイズJAPAN解散から初の公の場への登場となった傳谷。恋愛も解禁となり「真面目で誠実な方と恋愛がしたい」と自身の恋愛観を明かした。また、事務所の先輩である新垣結衣を憧れの存在として挙げ「色々なフィールドで活躍できる女優さんになりたい」と今後の目標を語った。

 「ねえG123して」キャンペーンは、10月23日を“G123の日”と定め、CTW株式会社が運営するゲームポータルサイトG123.JPのサイトリニューアルをおこない、11月22日までの期間に傳谷と天龍の出演するキャンペーン動画の公開や特典プレゼントなどをおこなう。

傳谷英里香

 アンバサダーに就任した傳谷は「純粋に嬉しいです。お父さんとお兄ちゃんがよくゲームをしているので、ゲームに関するお仕事に携われて光栄です」とコメント。

 公開されたキャンペーン動画では、傳谷がOLやゲームキャラクターなどに扮している。この日は、G123のゲームキャラクターに扮した女性も会場に登場。傳谷は「可愛い」と彼女たちのコスプレに見惚れながら「多重人格と言うか、色んなコスプレをしてキャラクターに挑戦したのでそこも楽しんで頂けたら」と呼びかけた。

 9月24日の山梨・山中湖交流プラザきららでの野外ライブをもって活動を終了したベイビーレイズJAPAN。傳谷は「グループではなかなかバランスを考えて自分を出すことが難しかったのですが、それぞれの道を歩む今は自分らしくマイペースにやっていけたら」と一人での活動について語った。

 また、解散後にメンバーと食事をしたと言い「メンバーが『これから恋愛ってどうなるんですか?』とスタッフさんに聞いたら『それぞれ自由に』と言われたので、スタッフさんが安心できる様な真面目で誠実な方と恋愛がしたいです」と自身の恋愛観を明かした。

 最近新しく始めたことについて「舞台でヤンキー役に初めて挑戦します。普段は全く怒らないので、言われた通りに怒る演技をしたらそれで怖い感じが出てると監督にも言ってもらえました。これからもお芝居を積極的にやっていけたら」と女優として活躍の場を広げて行くことに意欲を見せた。

 今後の目標についても「事務所の先輩の新垣結衣さんもそうですが、ヒューマンドラマやアクションなど色々なフィールドで活躍できる女優さんになりたいなと思っています」と話し、女優の新垣結衣を憧れの人として挙げた。

 また、8月にスキューバダイビングのライセンスを取ったという傳谷。「お休みがあったら、潜りに行きたい。水の中は癒されます。魚の顔とか見れて、こういう感じなんだと。あと、スカイダイビングに挑戦してみたいです。鳥になりたいです」とアクティブな一面も。

 最後に、傳谷は「空き時間にも手軽に遊べて、たくさんのゲームがあるのでぜひ楽しんで下さい。ボタンを押したら幸せになります」とアンバサダーとして呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ