SKE48の須田亜香里(26)小畑優奈(16)菅原茉椰(18)、SKE48の衣装デザインを手がけるデザイナーの茅野しのぶさんが17日、都内でおこなわれた、『SKE48 衣装図鑑全力制服』(宝島社)刊行記念トークイベントに登場、イベント前にメディア向けの囲み取材に応じ、SKE48の衣装にまつわるエピソードなどを語った。

『SKE48 衣装図鑑全力制服』(宝島社)

 本誌は、昨年3月に発売された『AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット~あのころ、彼女がいたら~』のSKE48版で、SKE48のデビュー極「強き者よ」から最新シングル「いきなりパンチライン」まて、全23枚のシングル曲とカップリング曲、および劇場公演などの衣装を掲載した「衣装図鑑」。トルソー着用による撮影で、ディテールまで詳細に紹介しており、SKE48の10年間の歴史を、衣装と共に振り返ることができる。この日3人は誌面にも掲載されている衣装で登場、SKE48の衣装の特徴や衣装制作秘話などを語った。

SKE48の衣装は約6000着!その10年の歴史を現した書

 本書を「SKE48の10年の歴史を、衣装という観点で詰め込んだもの」と語る須田は「最近、メンバー全員を可愛く撮りおろしてもらったものが無かったし、SKE推しの方はもちろん、衣装業界に憧れる方とかいろんな人の夢のきっかけになれば」と作品をアピールする。

 ちなみにSKE48の広報からの情報によると、SKE48全体で保持する衣装の数は、約6000着。専用の巨大倉庫で、衣装は全て番号をつけられ、Amazon並みにデジタル管理。また衣装には特殊素材のものもあり、その種のものを集めた倉庫もあって、そこでは温度調整までもおこなわれているという。茅野さんは「秋元(康)先生に提出する際には、一つの曲で20パターンくらい案を出すんですが、そこで没を喰らうデザインもあり…」と、そのデザインの大変さをコメント。

須田亜香里

須田亜香里

 先日おこなわれた『SKE48 リクエストアワー セットリストベスト 100 2018 ~メンバーの数だけ神曲はある~』では43曲を歌ったという須田は、SKE48の衣装の数もそれくらいの規模感を考えていたことを明かす一方で、その話を聞いて「私、まだ全然着られていないですね…」とビックリした表情を見せていた。

 また、SKE48の衣装デザインのポイントについて茅野さんは、センターポジションを意識していることをコメント。「センターだから憧れて欲しい」という、デザイン上の狙いがあることを明かす。その一方で「意外に、自分に対してコンプレックスをもっている子もいて、そこを含めて自分でも好きになってもらえるようデザインを対応するように考えている」と、もう一つの注意ポイントを語る。

小畑優奈

小畑優奈

 その“コンプレックス”を持ち出すメンバーとして茅野さんは「本当に3年前くらいまで、よく泣いていました」などと須田の相手に苦労していたことを振り返りながら「自分で『ブスって言われているから、ブスになりたくない』とか。気にしている部分が多くて。でもずっと同じ格好をしている方って、振り幅が無いと思われると思うし、(衣装を着る人が)いろんな表情でいろんな人が創作意欲を掻き立てられるようになればいいな、と考えてデザインを提案しています」と、それでも親身になってこれまでSKE48のメンバーに向き合ってきた経緯を振り返った。

衣装フィッティングでよく泣いていたことを回想する須田

 そんな話に「衣装のフィッティングで、よく泣いていました」と苦笑いしながら語る須田は「ズボンは穿きたくないとか、袖があると肩幅が広くなって太く見えるとか」と自身にコンプレックスを感じ衣装合わせで泣いていた理由を振り返りつつ「意外と着て外に出てみると、自分で気がつかない魅力を引き出してもらえていたので、とりあえず着て外に出てみようと前向きに考えるようになりました。いつも泣いていたときは、“ここをこうしたら華やかになる”とか一緒に寄りそってもらって、ちょっとずつ自信を分けてもらっていました」と、茅野さんの尽力に絶対的な信頼を置いていることを明かす。

菅原茉椰

菅原茉椰

 しかし茅野さんは「今は逆に、膝上を出すと細く見えるからそうして欲しいとか、へそ出し衣装があるときは大きく開けてくれとか、指定が増えました」と現在の須田の積極的な姿勢に、改めて苦笑いを見せる。一方で菅原は、先日愛知県のテーマパーク・ラグーナテンボスでおこなわれたライブ『SKE48 LIVE in LAGUNA』で、ユニット形態で「嘘つきなダチョウ」をセンターに立ち歌ったときのことを振り返り「両サイドの子がめちゃくちゃガリガリの子で、足もめちゃくちゃ出てて…(私は)しんどくて、“ユニットを変えてもらえませんか”とか言ったり…」と、自身の衣装にまつわるワガママ振りを振り返りつつ「須田さんほどクレームを言ったりはしていないので」とコメント、須田をイジり笑いを誘う。

小畑優奈、須田亜香里、菅原茉椰

 そんな中、小畑は「自分に合っていると思ってもらって作っていただいているので、信じているし余りクレームとかは言わない。気になったら相談しますけど」とあくまで謙虚な姿勢、しかし茅野は「5年経ったら、変わるかもね」などと何気なくコメント、会場を沸かせていた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真
須田亜香里
小畑優奈
菅原茉椰

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)