大黒摩季が8年ぶりのオリジナル・アルバム『MUSIC MUSCLE』を12月5日にリリースすることが発表された。活動休止していた6年間の風景、研ぎ澄まされたポジティブメッセージ。デビュー25周年を経て培われた、すべてを注ぎ込み制作された全27曲が収録される。

 6年間の病気療養を経て2016年8月13日、故郷である北海道のRISING SUN ROCK FESTIVAL2016 in EZOのステージにて鮮烈な完全復活を遂げた大黒摩季。長きに渡るフラストレーションを放出するが如く、その勢いそのままに去年の5月、デビュー25周年をまたぎ1年半に及ぶ全国47都道府県ツアー85本を完走という偉業を果たした。

 かつての巨像との戦い、新たなる進化を繰り返しファンとの一体感を全身にまとい長い旅の道すがら、活動休止期間の赤裸々な想いを消化し、今度は2010年8月発売のアルバム「すっぴん」以来8年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースする。それは、その日々を語りつくすが如く、復活後に制作された新曲が実に25曲、さらに敬愛するアレサ・フランクリンのカヴァーを含めて全27曲収録の圧巻の2枚組オリジナルアルバムとなった。

 「大黒摩季という歌手は、生命線である下腹部の腹筋を2度も開腹して、二度死にました。だから今はすべてが奇跡。このラッキーがいつまた終わるかもしれないと思うと、今がすべてなんです。年齢的にもう緩やかに活動しようとは思いながら、気づくと私に明日はないと思って今日を全力で前のめりに生きてしまっています(苦笑)」(大黒摩季)

 この、まるでランナーズハイを続けているかのようにタフな活動の根源は、病気療養中に感じた絶望感からくる底知れぬ危機感なのかもしれない。

 さて本作の内容的には、2年前にリリースされた「Greatest Hits 1991-2016 ~ALL Singles+~」がシングルを中心とした「大黒摩季、デビューからの25年を集大成するアルバム」であったのに対し、その間に培われた音楽観、波乱万丈な人生をありのままストレートな言葉で綴る歌詞センス、そしてミュージシャン仲間との絆、病気により奪われた音楽活動へのフラストレーション、エネルギー、それらすべてをつぎ込んで作り上げた生粋のオリジナル「大黒摩季 第三章のファースト・アルバム」と言っても過言ではない。
作品的には、大黒摩季の鉄板ナンバーでもあるアゲアゲのHyperデジロック・サウンドに、聴く人を鼓舞する“熱いメッセージソング”。 さらに、現代の様々なジャンルを巻き込むミクスチャー・サウンド、2000年代になって主流となったデジ・ロックから遡り、90年代J-ROCK サウンド、60年代~80年代を彷彿とさせるクラシックROCK、BEAT ROCK、HARD ROCKなど様々なロック・スタイルが表現されている。また、「やっと歌ってもいい年頃になったので♪ 」とストレートなブルースにトライしてるのも面白い。

 かと思えば、アカデミックなクラッシックのフル・オーケストラをバックに歌い上げる壮大なるバラード、王道のJ-POP サウンドや80年代ニューミュージックを感じる曲、R&B、ラテン、アシッドJAZZ、AOR、ソウル、オルタナティブ、斬新なところでは、シャンソンのエッセンスを取り入れた曲など多種多様に渡る曲がカラフルに散りばめられ、本人曰くは

 「 ソロの極み。 」

 正にシンガーソングライター、ベテランミュージシャン・大黒摩季にしか作れない“ 音楽のスーパー幕の内弁当 ” になっている。

 それら一つ一つが音楽のためだけに鍛え上げられた心・技・体の“ MUSIC MUSCLE ” から作り上げられていることを痛感させられる。

 “ MUSIC MUSCLE ” とは、 ” 音楽筋 ” 。

 つまり、スポーツ選手が勝負に勝つために、記録を更新していくために、日々自らをストイックに鍛え上げていくのに対してと同様、ミュージシャンにも“よい作品を作り上げ ”、またそれを“ライブ・ステージという場で表現していく ”ための筋肉が必要である。それを維持し更に追い込み鍛え上げるため、彼女を支える多くの愛... =“ LOVE MUSCLE ” を抱擁し循環してゆく心も鍛えあげることで、よりクオリティの高いレベルに上っていける。大黒摩季らしい思いがタイトルの意味するところである。

 また、曲ごとのプロデュースや参加ミュージシャンも、ツアーのバンドマスターでありリードギターの原田喧太やLUNA SEAのドラムでもある真矢、ベースの徳永暁人(doa)、柴田敏孝、らツアー・メンバーを随所に起用しながらも大黒のCDデビュー作となったBeingのオムニバスアルバム「Royal Straight Soul」(1991年リリース)で共演した、ドラムの村上“ポンタ”秀一、キーボードの小島良喜、パーカッションの斎藤ノブなど大御所達も復帰のご祝儀の様に再び終結、と多岐に渡り、延べ200人近いミュージシャン達が参加している。今どき贅沢とも思える生演奏へのこだわりは、

 「6年休んでいる間に、音楽業界全体が安価で便利なデジタルに溺れ、心から演奏できるミュージシャンが減り、目指す若者も激減しているので、デジタルとアナログのクロス世代な私達が、デジタルの中で泳ぎつつも、日本の素晴らしいミュージシャン達の秘技を次世代に残して行かないと、日本の音楽シーンは更に衰退して世界に通用するものが無くなってしまう。身の丈からでも日本のミュージシャンの匠を残す義務が私にはあると思う」

 そう熱く語る彼女の言葉はいつも、確かな経験からくるもの。自らが講師として次世代の若者達と過ごす中で初めて芽生えた、責任感なのだそうだ。

 こうして一途なポリシーとノーボーダーな感性は、ミュージシャンだけではなくメジャーアーティストも呼び寄せる。10月20日に6ヶ月連続配信曲のラストとして配信される「LOVE MUSCLE」には、解散が惜しまれたプリンセスプリンセスのベース・渡辺敦子、ドラム・富田京子、そして元WANDS のギター・柴崎浩、キーボード・大島康佑が参加、「Because, You…」では編曲、ギターにTUBE の春畑道哉、「東京 ロケンロー」では編曲、ギターに麗蘭、「FIGHT★GO☆FIGHT ~戦えBLOODY HEART~」では元JUDY AND MARYのギターTAKUYA、「CRASH & RUSH」にはコーラスROCKグループのdoaが参加し、サウンドの幅を拡げている。他にも、ブルース曲「女はつらいよ。」「親心ブルース」には、キーボード・小島良喜、ドラム・村上ポンタ、ベース・鮫島秀樹など、日本のミュージックシーンを牽引する豪華なメンバーが参加、「Naturally」には日本を代表するフュージョングループ・DIMENSION に加え、今注目のSurf Beat Musicの若手ヴォーカリストSPiCYSOL のKENNYも参加している。

 「Spotlight」は2016年10月、親友・藤原紀香と片岡愛之助の結婚披露宴で二人にプレゼントされた曲で、今回はフル・オーケストラをバックに歌っている。「My Will ~世界は変えられなくても~ 」は、テレビ朝日系ドラマ「科捜研の女」の2016主題歌として作られた作品。「Laatitude ~明日が来るから~」「Zoom Up★」の2曲は、映画「写真甲子園 0.5秒の夏」の主題歌と挿入歌、「Lie, Lie, Lie,」は大人気TV アニメ「名探偵コナン」のオープニングテーマ、ライブでも披露され人気だった「笑顔のトビラ」は明治安田生命のコーポレートソング…など、タイアップを通してすでに披露されている曲も収録されている。

 選曲にあたっても、大黒自身が長く聞き手であったからなのか音楽の用途に合わせて選別がされたという。日々と自分自身と戦う心を鼓舞し、熱をあげるためのHyper Soundを中心にしたDisk-1をFIGHTING MUSCLE。疲れた心と体を休ませ、大黒が言う大人になると必要なのは『 癒し、というより自分への許し。』を表現したDisk-2のRESTING MUSCLEとなっている。

 デビューからの25年間に培われたもの、そして6年に及ぶ病気療養中に蓄えてきたもの... すべてを出しきって、復帰後から2年に及ぶ期間を経て作られた25曲は、大黒摩季自身の様々な “ MUSIC MUSCLE ” によって力強くしなやかに作られ、老若男女、世代を問わず願い望みながら懸命に生きるすべての胸に響き、日々前を向きポジティブに暮らすために必要な、『 心の処方箋 』となり、愛することや夢を叶えて行くための、それぞれの “ MUSCLE ” となるだろう。

大黒摩季コメント

大黒摩季です!大変ご無沙汰しております!
6年間、病気療養のため活動を休止、その後2年前に活動再開して、いきなり47都道府県85公演とライブ三昧をしているうちに世の中から消えておりましたが、この度12月5日に「MUSIC MUSCLE」という、この2年間に作り上げてきた27曲を収録した2枚組をリリース致します!!
人生で一番の最高傑作、今ある心と技術を全投入しきれた記念すべき作品と自負できるものに仕上がりました!!

「MUSIC MUSCLE」とは、私の身体、すべての筋肉は音楽の為にある。そしてその音楽達が、聴いて下さる皆様の毎日を生きる為の心の筋肉、元気のもとになってくれたら最高です。
「もう、ひと勇気を出したい!」「もう、ひと元気を出したい!」
という時の栄養ドリンクやサプリメントのように、この楽曲達を使って貰えたら一層幸せです。

8年ぶり&25周年を記念したアルバムだけに、ご期待いただいているであろう若かりし大黒摩季を再現すべくMUSCLEを鍛えたのは勿論、私世代を多く起用したことで、懐かしい90年代のサウンドが自然に集まり、『 お帰り感 』は、自分で言うのもなんですが、ファンの皆様が期待して下さる『 お帰り感☆彡 』はかなりあると思います(笑)。むしろパワーアップして暑苦しいかもしれない。

そうです!日本全国のミュージシャン&シンガー志望の方には是非とも聞いてコピーして欲しいです!
私の歌に関しては、今持てるヴォーカルスキル余すことなく投入できましたので、きっと良い刺激と良いテキストになると思います。ミュージシャン的には匠祭り、これらが出来たらすぐにでもプロになれるはずです。サウンド的にはかなりバラエティーで、自分自身の弱さや世の中との戦いを援護してくれるような熱く強いサウンドのDisk1-1FIGHTING MUSCLE。心と体を休ませ緩めてくれるような音、自分を追い込んでしまいがちな大人の『 許し 』となって欲しいと作ったDisk-2RESTING MUSCLE。この2枚があればしばらく元気に前向きに進んで行けると思います。女子(私)が男子に言って欲しい台詞も満載(笑)。歌詞だけではなくサウンドのジャンルも広く、音楽という魔法の絨毯に乗って世界中旅して貰えたら本望です。

ということで、アグレッシブにボーダレスに各ジャンルのエキスパートをとっかえひっかえ起用でき、作品にもなれば、「 ソロの極み 」「 音楽のスーパー幕の内弁当」♪スタッフ曰く「 最強アルバム 」をどうぞ、体感ください☆彡。

いろんなお悩みをお抱えのみなさん、お疲れちゃんのみなさん ... 絶望中の方、闘病中の方、
弱っている方こそ、「MUSIC MUSCLE」を聞いて毎日の鋭気にしていただければ幸せです。

記事タグ