NGT48の荻野由佳が、自らの寝相の悪さを自虐している。両親から送られてきた画像に荻野は「こんな私でも好きでいて下さったら嬉しいです」などとメッセージを寄せると、ファンからのツッコミを浴びている。

 13日に自身のツイッターを更新した荻野。「両親から送られてきた…」と書き出すと、「寝相やばい…多分夜中に毛布とれて寒くてこうなってたんだと思われます」と続けた。

 公開された画像は、ベッドの上でうつ伏せで寝る荻野のショット。枕に顔をうずめるようにし、脚を折ってお尻を突き出す格好をしている。まさにアイドルらしからぬワンショットだ。

NGT荻野由佳「寝相やばい」自虐ショット(Twitterより@yuka_ippaiwarae)

 さらに、荻野は「これ見せて大丈夫かなと悩みましが大丈夫 こんな私でも好きでいて下さったら嬉しいです」とファンに向けて呼びかけ、その上で、「#アイドルなのにごめんなさい」とハッシュタグで自虐している。

 この報告にファンからは続々とメッセージが寄せられ、公開からわずか10分強の時間で「いいね!」の数は1000件を突破した。

 ファンからは「何ちゅう寝方しとんねん笑」「逆にそれで寝れるって凄いわ」「おぎちゃんのお尻が」などとツッコミが相次ぎ、「カエルなん?」「カエルの冬眠みたいだねw」とのコメントも。荻野の一風変わった寝相を楽しんでいる。

 昨年のAKB48選抜総選挙で5位に入り、一躍人気メンバーの座に躍り出た荻野。今年6月にナゴヤドームで開催された「AKB48世界選抜総選挙」では1ポイント上がり4位にランクインした。その個性的なギャラクターに注目が集まるなか、新たな寝相ショットでファンのハートも鷲掴みのようだ。

記事タグ