上妻宏光が10日、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム 『NuTRAD』(11月7日発売)の発売に先駆け、ダイジェスト音源を公開した。同作にゲスト参加した、宮沢和史(元THE BOOM)は「僕は上妻君の音楽への姿勢が好きだ」とコメントを寄せた。また、来年1月に同作を引っ提げておこなう単独としては約7年ぶりのBlue Note・Billboard Live東名阪ツアー『上妻宏光 LIVE TOUR -NuTRAD-』の詳細が公開された。

 宮沢は「僕は上妻君の音楽への姿勢が好きだ。日本の伝統音楽に最大限の敬意を表しながら、常に革新的な冒険の旅をしている。同じ音楽家として自分もそうありたい」とコメント。

 来年1月におこなわれる『上妻宏光 LIVE TOUR -NuTRAD-』への出演も決まっている朝倉さやは「上妻さんの、魂揺さぶられる本気の日本の音楽。以前出演させていただいたコンサートでもその素晴らしさに、音楽が好きで良かった、日本が好きで良かったと改めて感じました。今回アルバムに参加させて頂き本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。大好きな『最上川舟唄』心込めて歌わせて頂きました」と今作に参加した喜びを語っている。

 2019年1月16日の愛知・名古屋ブルーノート公演を皮切りにおこなわれる『上妻宏光 LIVE TOUR -NuTRAD-』は、単独では約7年ぶりとなるBlue Note・Billboard Liveでの東名阪ツアー。

 アルバムから“伝統楽器で世界をおどらせたい”というテーマの下「伝統と革新」をテーマに挑戦を続ける上妻と、ゲストミュージシャンに朝倉さや、今作にアレンジャーとして参加しているDJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a.ゆよゆっぺを迎えた、三味線の更なる進化が体感できるステージとなっている。

上妻宏光『NuTRAD」』ダイジェスト全曲試聴

記事タグ