2018年9月掲載分で読まれたインタビューをトップ5でご紹介します。

1位

元ヒスブル、解散後は「良い下積み」人気絶頂からの転落、当時を語る(111,871pt)

2位

野村周平×柳ゆり菜「決意をもって挑んだ」体当たりで臨んだ任侠映画(34,982pt)

3位

PassCode「停滞するのだけは阻止したい」今を突き進む攻めの姿勢(32,530pt)

4位

倉木麻衣「日本の美しい言葉や音楽を大切にしたい」音楽に息づく京文化(28,791pt)

5位

THE イナズマ戦隊「腹こすり付け飛び続ける」不器用なりの生き様(28,109pt)

※「pt」はポイントの略称。アクセス数やSNSなどを総合的に評価し、ポイントとして表示。なお、「エンタメ界の30代」は対象外。

記事タグ