THE YELLOW MONKEYが10月1日、Atlantic/Warner Music Japanとタッグを組むことを発表した。新曲「天道虫」のOA解禁と新ビジュアルも公開。さらに今までにリリースした全シングル・オリジナルアルバムが、全世界配信される事も決定した(11月予定)。

 10月1日の19時30分に、THE YELLOW MONKEYが、Atlantic/Warner Music Japanとタッグを組むことを発表した。午後7時30分の渋谷スクランブル交差点。突如として、渋谷のビジョンには「THE YELLOW MONKEY」の文字。映し出されたのは、THE YELLOW MONKEYのティザー映像だった。その映像にはTHE YELLOW MONKEYが新境地で活動していくという意志表明が込められていた。そしてこの映像は、渋谷だけではなく、ニューヨークのTimes Square、上海のGlobal Harbour、香港のHarbour City、ロンドンのWestfield Londonでも同時公開された。映像の最後にはカウントダウンが映し出され、THE YELLOW MONKEYのオフィシャルHPにも謎のカウントダウンがスタートした。その先には一体何があるのか!?

 また、早くも新曲が全国ラジオ局で解禁され、新ビジュアルも公開された。新曲タイトルは「天道虫(読み:てんとうむし)」。新ビジュアルには、飛行場で撮影した自然体な4人の姿があった。何か大きなものが動き出したような…次のステージへ向かっていく、そんなメッセージを予感させる楽曲とビジュアルである。(撮影協力:日本航空)

 そして、THE YELLOW MONKEYが今までにリリースした全シングル・オリジナルアルバムが、全世界配信される事も決定した(11月予定)。随時、各国で配信されていく。

 今回、このタッグを組むことに、Warner Music GroupのStu Bergen、Simon Robson氏はこう語る。

▽Warner Music International CEO/Stu Bergenのコメント

 THE YELLOW MONKEYは日本を代表するバンドであり、彼らをWarner Music/Atlanticファミリーに迎える事ができる事をとても嬉しく思います。最近の彼らの公演でも、非常に熱狂的なファンがバンドを長年に渡って支えている事が明らかになりましたし、Warner Music Japanのロースターに彼らが加わる事は非常に素晴らしい事だと思います。

▽Warner Music Asia President/Simon Robsonのコメント

 日本で最も成功したロックバンドの音楽を届けられる事を、非常にエキサイティングに思っている。もちろん日本国内でも色々な展開を考えているが、アジア、そして世界に彼らの音楽を広めてゆきたいと思う。

この記事の写真

記事タグ