松本潤

 嵐の松本潤が27日、都内でおこなわれた、第一三共ヘルスケア『ルルアタック』新製品およびTV-CM発表会に出席。本格アクションにチャレンジしたCMでの苦労や、風邪に対する気遣いなどを語った。

 1951年に発売された総合風邪薬「ルルシリーズ」。今回、そのシリーズの中でも即効性を重視した「ルルアタックシリーズ」の中で、ルル史上初となる、持続性を重視し1日2回服用を実現した「TR」が新発売。これに伴いブランドキャラクターに松本が起用、自身が登場する新TV-CMが、9月29日に全国で放送開始される。この日松本は、そのCMで使用された近未来的なコスチューム姿で登場した。

松本潤

 CMでは松本が世界を風邪から救うヒーロー「ルルアタッカー」役として登場、撮影ではワイヤーアクションで高さ6mのジャンプや、横向きになりながらの壁走り、5回転スピンなど本格的なアクションにチャレンジしている。これまでライブなどでもワイヤーアクションの経験のある松本だったが、その本格的な演出には「その中でもかなり大変でした。横向きで5回転くらい回るというのが、かなり大変でした」とかなり悪戦苦闘した様子。それでも「(苦労した)おかげで、ダイナミックでカッコいいシーンになったんじゃないかと思います」と、その出来には満足した様子。

 また松本は、ここ数日での急な気温の変化を振り返りながら「もともと風邪予防というか、風邪に対してすごく気を使っていたし、仕事柄もあるけど体調管理をしなきゃいけないなと日々思っているので、そんな中より風邪に対する関心が強くなっていますね」と今回のCM起用のタイミングに深い関心を示す。

松本潤

 「ライブの時期やレコーディングが重なる時期があるので、のどを使ったときには必ずお風呂に入ったり、鼻うがいもやりますし、手洗い、うがい、それとちょっと蜂蜜をとか、そういうことも風邪予防として心がけています」と普段から結構管理には余念がない様子を語りながら「どんどん寒くなってくる時期ですが、皆さんも風邪を引かないように、体調には気をつけていただければと思います」と呼びかけた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)