乃木坂46西野七瀬が20日、年内をもってグループを卒業することを自身のブログで発表した。来年に卒業コンサートを開催する。西野は「私なんぞを推しと言って頂いた皆さん、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を綴った。芸能活動は卒業後も続けていく。

 西野は「いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、」と切り出し、「約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします」とグループからの卒業を発表した。

 続けて「17歳から24歳までを乃木坂で過ごして いろんな人に出会って、いろんな感情を知って、未完成だった私は作られていった気がします」とグループメンバーとして活動した時間を振り返る。

 その期間に自身の新たな発見があったという西野は「まだ完成してないし それが目標でもないけどね あれ?こんな負けず嫌いだったっけ、とか 自分ってここまでテンション上がるんだぁ、とか こんなに号泣したの何歳ぶりだ?とか
あー悔しくてどうしようもないわい!って 心も体もぐったりするほど動かされたし 知らない自分を発見できた」と綴った。

 活動期間を振り返ると数えきれないほどの思い出があると寄せる西野は「めちゃくちゃ楽しかった!! 私の人生のなかで たぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と 今、思います」と充実した日々だったことを伝え、関係者やファンに感謝した。

 そして、「弱い私は何回も何回も 皆さんから自信をもらいました。コメントやお手紙や握手会で、思いを届けて頂いて ありがとうございました」と率直な心境をしたため、「私なんぞを推しと言って頂いた皆さん、本当にありがとうございました。成長させてもらえた。これも皆さんのおかげですね。少しは強くなれたのかもしれません」と重ねて感謝した。

 グループから離れることには不安もあると言う西野だが、自らの決断に迷いはない様子。「一人になってからも、このお仕事は続けていきたいので、これから先どんなことがあるのかな って楽しみな気持ちが大きいです」と引き続いて芸能活動をおこなうことも報告した。

 さらに、「卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして」と明かしたうえで、「ついに今日 皆さんに報告させて頂きました。足したり、引いたり、何回も直しながらこつこつ書きました」と一生懸命、この報告文を書いたという。

 最後に西野は「活動は年内いっぱいなんですが、卒業コンサートは来年に開催させて頂く予定です...!」と自らのラストライブにも言及。「なんと、新しいパターンですが、ご理解のほど よろしくお願い致します」とした。

 そして、「やっぱりライブ好きなので、みんなで楽しく盛り上がって、、それで乃木坂46を最後にしたいですね。日程や場所など細かいことはまだ調整中みたいです。お待たせしてしまいますが、是非 楽しみに待っていてくださると嬉しいです! 以上でした」と元気よくメッセージを締めくくっている。

 西野は2011年に開催された乃木坂46の「1期生オーディション」に合格してメンバー入り。グループ内でもトップ級の人気を獲得。2nd写真集『風を着替えて』が、『オリコン2016年年間“本”ランキング』(集計期間=2015年11月23日~2016年11月20日)の写真集部門で1位を獲得している。

記事タグ