元℃-uteで、歌手でモデルの鈴木愛理が16日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催のファッションと音楽の祭典『Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』に登場。モデルとしてランウェイを歩き、歌手としてステージでパフォーマンスした。

 ライブステージとしては、乃木坂46に続く2番手として登場。彼女の名前がスクリーンに表示されると大歓声がとどろいた。彼女の伸びやかな歌声が響き渡ったあと、EDMサウンドが入り込んでいく。彼女のステージは「start again」で幕を開けた。

鈴木愛理

鈴木愛理

 このステージでの衣装は、脚線美が際立つ白のニーハイブーツに白のジャケット。インナーは黒一色でクールさが漂っていた。パフォーマンスでは、4人のダンサーとともに一寸の狂いもないキレキレのダンスを見せていく。

 1曲目を終え「みなさん、こんにちは! ソロデビューしたばかりできょうが初めて見る方もいらっしゃると思います。これを機会に覚えて帰ってくれたら」とあいさつ。会場からあがった「あいりー!」のコールに「ハイ! あいりーです!」とキュートに返すと、再び歓声がどっと沸いた。

 そんな反応に笑顔をのぞかせながら「クラップできるところは一緒にやってくださいね」と呼びかけて、疾走感あふれるダンスナンバー「DISTANCE」を届けた。歌詞にリンクするような振付。鈴木のパワーあふれる歌声が曲に迫力を加えていく。

鈴木愛理

鈴木愛理

 ミュージックビデオの世界観を投影させるかのように、背面のスクリーンには緑や空の映像が流れる。近未来的なEDMサウンドと、突き抜ける鈴木の高音の伸びやかな歌声。その過程で生まれる一瞬の「間」は息を飲み、そのあとの歌声はさらに迫力が増していた。

 ダンサー4人も加わり、ダンスパフォーマンスでも世界観を映し出していく。この日のステージは2曲のみだけだったが、彼女の歌唱力、ダンスパフォーマンス力の高さが十分に感じられる時間だった。場内の歓声がそれを物語っていた。

 ライブパフォーマンス中はクールな鈴木だったが、去り際に「このあと、モデルとしても出ます。バイバイ」とキュートな表情でフレンドリーに観客に伝えるなど、愛くるしい一面も見せる。

 ファッションステージの「REDYAZEL」でもそれが垣間見えた。岡崎紗絵とともに登場した鈴木。岡崎の腕を組みながら二人とも笑顔でランウェイ。先端に到着すると、岡崎の肩に顔を傾け、さらに岡崎のおねだりに頬にキス。ほっこりとした空気感が流れていた。

腕を組みランウェイする鈴木愛理(右)岡崎紗絵

岡崎紗絵の肩に顔を傾ける鈴木愛理(右)

岡崎紗絵のおねだりにキスする鈴木愛理(右)

 この日のイベントでは、クールさとキュートさと2つの魅力が出ていた。【取材・撮影=木村陽仁】

この記事の写真
鈴木愛理
鈴木愛理

記事タグ