元乃木坂46の生駒里奈が17日、一日警察署長に就任。東京・渋谷駅ハチ公広場でおこなわれた「渋谷交通安全セレモニー」に出席。撮影でも着れないという本物の制服に身を包み「特別感を感じています」と身を引き締めた。セレモニー終了後には報道陣による囲み取材にも応じ、今後の芸能活動について「歌はやりません。あまり得意ではないので」と歌手活動をおこなわないことを宣言した。

 秋の全国交通安全運動の実施に伴い、「子供と高齢者の交通事故防止」を呼びかける「交通安全セレモニー」に出席した生駒は「優しさが走るこの町、この道路をモットーに交通事故を無くしましょう」と交通安全宣言を読み上げ、子供と高齢者の交通事故防止を呼び掛けた。

生駒里奈

 生駒は「歩くことが多いので信号や右左を確認することを心がけています」と普段から交通安全に注意していると話す。また、渋谷でも多い自転車について「スマートフォンやイヤホンを使用して運転している人が目立って、危ないなと感じています」と普段感じている危機感を明かす。

 運転免許をまだ取得していないという生駒。「バイクは小さい頃から憧れはあるのですが、やっぱり事故にあった時に一番怪我をしやすいのでどうしようかなと迷っています」と二輪車について話す。ヘルメット以外にも、胸部を守るプロテクターや二輪車用のエアバックの存在を聞き驚く場面もあった。

生駒里奈

 セレモニー終了後には報道陣による囲み取材に応じた生駒。セレモニーを振り返り「こういうことは初めてだったので嬉しかったです。一つ夢がかなった」と笑顔。

 初めての警察官の制服に「撮影でも着れない本物なので特別感を感じています」と語る。自転車も持っていないという、生駒は「移動は電車か徒歩か、タクシーです」と言い「ニュースとかでも身近な地域で交通事故が起きているので、巻き込まれるかもしれないと注意しています」と交通安全に関して意識の高さを見せる。

生駒里奈

 生駒は、4月に乃木坂46を卒業。卒業後の生活について「一人になってみてもお仕事に関してはあまり変わらず、チャンスを頂けています。少しお休みが増えたので、この前もドラマの撮影が別日になって、急にオフになったり。そういう時は家でずっとYouTube観ています。暑いと外に出たくなくて」と引きこもりがちな様子。

 さらに、乃木坂メンバーとは現在も仲が良いと言い「お仕事が一緒になったら楽屋に遊びに行ったりします」と話す。今後の活動について「いろんなお仕事をやって行きたい。いつかCMをやらせて頂けたら嬉しい。歌はやりません。あまり得意ではないので、自分で出すくらいの力があれば出すのですが無いのでね(笑)」と歌手活動をおこなう気はないと宣言。

生駒里奈

 また、15日に亡くなった樹木希林さんについて「お会いしたことはなかったのですが、作品は残るので。悲しいですが、いろんな方に刺激を与えた方だと思います」と偲んだ。

 最後に「危ない運転などしないように、そういう場面を見たら気を付けるように今日がその機会になればいいと思います」と交通安全を呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ