16日に愛知県名古屋市の名古屋国際会議場センチュリーホールで開催された『SKE48 リクエストアワー セットリストベスト 100 2018 ~メンバーの数だけ神曲はある~』で、前日卒業を発表した松村香織と、SKE48チームEのリーダーを務める須田亜香里のデュオ曲「ここらで一発」が1位に輝き、2人で喜びと涙の入り混じるパフォーマンスを披露、観衆からの惜しみない拍手喝采を浴びた。【取材=桂 伸也】

 本イベントはSKE48の劇場公演曲やシングル・アルバム収録曲などを合わせた対象楽曲全374曲の中から、ファン投票で選ばれた楽曲をカウントダウン形式で発表するイベントで、9月15日・16日の2日にわたって開催。初日となる15日には昼と夜の公演を合わせて100位から51位(50位、51位が同率のため51位が2曲)、16日には49位から1位のランキングが発表されると共に、SKE48のメンバーによるパフォーマンスが披露された。また15日には最年長メンバーである松村が卒業を発表した。

須田亜香里と松村香織で有終の美(C)AKS

 「ここらで一発」は、SKE48の13枚目のシングル「賛成カワイイ!」のカップリング曲で、リリース時に組まれたユニット「だ~す~&つ~ま~」こと、須田と松村の2人のユニットにて歌い上げられている。この日はフルバージョンで、笑顔の中にも途中涙をこらえきれなくなり、須田が言葉を詰まらせる場面も見せた。そのひと時を須田は「(松村が)途中でセリフを変えてきたんですよ。本当は“あきらめないでよかったね”っていう感じなのに、“亜香里に会えてよかったよ”って変えて…ずるい!」と、振り返り涙が止まらない様子。

 一方の松村は「この歌詞は2人にとってピッタリ。だ~す~(須田)にとっては『あきらめないでよかった』って本当に…」と感慨深く語りながら「この曲が1位になるなんて…需要は少ないかもしれないけど…ある程度の支持はあると…」とコメント、会場を沸かせる。

 また須田はこの1位獲得を「SKEに入ってから、1位というものを何も取ったことがない。人生で1位になったことって、バレエをやっていたときもなくて、何をやっても2番だった。だからこうやって、大事な仲間と力を合わせたら、一番に手が届くんだなとか、支えてくれる人がいれば、手が届くものがあるんだというのを見せてもらった気がします」と感慨深く語る。

 さらに続けて「この曲はかおたん(松村)以外とはこの曲はありえないと思ったし、想像できないから、今日が見納めになったかもしれないね」などとコメント。松村も同調しながら「ああ、ここ2日間が信じられない」とその喜びを噛み締めると、横にいた斉藤真木子から「卒業やめなよ!」とツッコミが入り、爆笑を呼んでいた。

 またこの日は、アンコール時に緊急告知としてSKE48の第9期生募集がおこなわれることが発表された。

 なお、この日のセットリストは以下のとおり。

SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018 【16日・昼】

49位 マツムラブ!
48位 いきなりパンチライン
47位 未来とは?
46位 Parting shot
45位 愛のために何を捨てる?
44位 キスポジション
43位 ハート形ウイルス
42位 Escape
41位 制服を脱ぎたくなって来た
40位 Gonna Jump
40位 ぼっちでスキップ
38位 永遠のレガシー(映像)
37位 20人姉妹の歌
36位 お手上げララバイ
35位 放課後レース
34位 目が痛いくらい晴れた空
33位 僕は知っている
32位 兆し
31位 向日葵
30位 大人の世界
29位 枯葉のステーション
28位 恋を語る詩人になれなくて
27位 MARIA
27位 無意識の色
encore
EN01 1!2!3!4! ヨロシク!
EN02 握手の愛
EN03 バズーカ砲発射!

SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018 【16日・夜】

25位 禁じられた2人
24位 いい人いい人詐欺
23位 ハングリーライオン
22位 例のポテトチップス
21位 夕立の前
20位 誰かの耳
19位 前のめり
18位 Becauseどっちつかず
17位 ハートの独占権
16位 花の香りのシンフォニー
15位 意外にマンゴー
14位 思い出以上
13位 12月のカンガルー
12位 君について
11位 あの先の未来まで
10位 触らぬロマンス
09位 クロス
08位 誰にも言わないで
07位 制服を着た名探偵
06位 窓際LOVER
05位 オルフェス
04位 奇跡の流星群
03位 赤いピンヒールとプロフェッサー
02位 夢の階段を上れ!
01位 ここで一発
encore
EN01 いきなりパンチライン
EN02 仲間の歌

記事タグ