NGT48が15日、東京・日本武道館で、4thシングル「世界の人へ」(10月3日発売)のリリース記念イベント『新章!NGT48宣言!! 〜世界の人よ、共に歌おう〜』をおこなった。前半は新曲「世界の人へ」やそのカップリング曲など13曲を熱演。後半は、お笑いコンビのロッチを招き冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』企画で「ジェスチャーゲーム」や「へぎそばリレー対決」で盛り上がった。イベント終了後にメンバーが囲み取材に応じ、この日の感想を述べた。今作でセンターを務める荻野由佳(19)は「夢へのドアがたくさん見えて、希望でいっぱいの武道館でした」と手応えを口にした。

 この春にキャプテン・北原里英が卒業、一期研究生全員の昇格、Team G新設、ドラフト研究生5人と二期研究生16人の加入で総勢43人となったNGT。この日の日本武道館公演はまさに、彼女たちの第二章の幕開けを宣言するかのようなステージだった。4thシングル「世界の人へ」を中心にアグレッシブで華麗にパフォーマンス。集まったファンを魅了した。

 イベント終了後の囲み取材で、ロッチのコカドケンタロウは、イベント内の企画を振り返り「ちょっと頑張りすぎたかな。あんな蕎麦の食べ方をしてはいけません。でも、メンバーの楽しんでいるところを見て楽しんでいたので、お客さんも含め一つのチームとして良かったのかな」と総括。ロッチの中岡創一「二期生は個性が強いのが揃ったなと思いました」と印象を明かし、さらに『にいがったフレンド選抜』について、番組でキャプテンを務める菅原りこがメンバーに入ってなかったことが意外だったと述べた。

加藤美南

 卒業した北原里英からチームNIIIのキャプテンを引き継いだ、加藤美南は「(キャプテンになって)まだまだ不安なことは多いんですけど、ドラフト三期生や2期生が入ってきて、NGT48の全メンバーで披露するのが初めてだったので、NGT48を観てもらうのにすごくピッタリで、ありがたい舞台だったなと思います。武道館という舞台で新しい曲を披露するというチャンスは、今のNGT48の勢いを象徴しているのではないのかなと思います。ここまで怖いもの知らずでやってしまったという感じもあるんですけど、NGT48は絶対に勢いをころさずに、らしさを忘れずに今のファンの方や、新しくファンになってくれる人たちをどんどん味方につけて、より一層ひとつになって活動していきたいなと思います」とコメントした。

柏木由紀

 ドラフト二期生について、柏木由紀は「新潟でバーベキューをした時に二期生とお話をしたんですけど、今日のパフォーマンスを見て、キラキラと一生懸命でNGT48に良い子達がたくさん入ってくれて嬉しいです」と期待感を示した。

 今回のシングルで16人選抜に選ばれた奈良未遥は「メンバーがたくさん増えた中で日本武道館でイベントをやらせていただいて、本当に光栄ですし、表題曲を初めて披露させていただいたんですけど、こんなにも素敵な景色を見れるとは夢にも思っていなかったので嬉しいですし、10月3日のリリースまで頑張っていきたいなと思います」と意気込みを語った。

 同じく西村菜那子は「16人選抜に入ることが出来て嬉しいです。今回のイベントで唯一心残りといえば、『にいがったフレンド!』放送地域が増えたんですけど、私の地元の長野県が入っていないことです。長野県も放送地域に入るように頑張っていきたいです」と番組の放送地域拡大を引き合いに思いを述べた。

 同じく選抜入りした中村歩加は「今回二期生や三期生の楽曲もあって、選抜に入ったからにはNGT48のためにも選抜というものを背負って頑張っていかなければいけないなと思っていて、このシングルを絶対に成功させて、オリコン1位を目指して頑張っていきたいなと思います」と目標を示した。

本間日陽

 また、武道館のステージに立った思いを、本間日陽は「単独で初めてステージに立つことが出来ました。上の方までファンの方がいらっしゃってくれてこれが夢のステージなんだなと実感しました。またここにこのメンバーで戻ってこれるように、もっと広いもっと素敵な景色をこのメンバーで見れるようになりたいと改めて思いました。活動に対する意欲が湧きましたし、これからももっと良いグループにしたいなと思いました」と決意を新たにした。

荻野由佳

 最後にセンターを務める荻野由佳は「この武道館にはけやき坂46(ひらがなけやき)さんのコンサートにお客さんとして観させていただいたんですけど、その時は2階席から観ていて、武道館は大きなイメージがあったので遠いのかなと思ったんですけど、(ステージに立ったら)思っていたより距離がすごく近いなと感じることが出来ました。夢へのドアがたくさん見えて、希望でいっぱいの武道館だなと思いました」と、NGT48にとっての第二章の本格スタートを肌で実感した様子だった。【取材・撮影=村上順一】

記事タグ