映画『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台挨拶が15日、東京・新宿でおこなわれ、中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、濱田マリ、竹内力、そして英勉監督が登壇。役者陣からサプライズで監督に感謝の言葉を贈る場面があった。

 『3D彼女 リアルガール』は、累計発行部数145万部を誇る那波マオさん原作の人気コミックを実写化したラブストーリー。二次元を愛する超絶オタクの青年が、書店で万引きの濡れ衣を着せられた、学校一の美少女を助けた偶然がきっかけで、突然の告白を受け始まった二人の恋模様を描く。

中条あやみ、佐野勇斗

 先日のジャパンプレミアでは、お互いの仲の良さも話題となった今作のキャスト陣。この日は「撮影中に笑いをこらえるのが大変だったシーン」をそれぞれが挙げたり、現場で撮影の合間におこなって盛り上がったという「絵しりとり」を披露、数々の珍回答に笑いが巻き起こりながらも、変わらぬ仲の良さを見せる。

 なかでも中条は、濱田のアクションシーンを絶賛し「あのアクション、すごくないですか? リハーサルのときからすごいジャンプで、身体能力が半端ない」とそのパフォーマンスに驚いた様子。竹内も「キレがいいよね」と同調していた。

竹内力、濱田マリ

 そして最後に中条は「この作品は本当に私たちが沢山愛情を込めて作った作品で、こうやってみんなでここに立てているのも、もう少ししかないと思ったら寂しいですけど…皆さんに見ていただいて、泣いて笑ってもらえることが私たちの一番の喜びなので、本当に幸せに思います」と作品公開への思いを感慨深く語る。

 さらに「こうやってみんなに出会えたことは、『3D彼女 リアルガール』を書かれた那波さんがあるからこそ。本当に感謝していますし、沢山の人にも感謝しています。そして今、私たちがもう一人“ありがとうございます”と言いたい人がいます。みんな、大丈夫ですか?」と感謝の言葉を告げながら、おもむろに登壇者と顔を合わせ、声を掛ける。そして登壇者全員で、一人何が起きたかと不思議そうな顔をしていた英監督に「監督! ありがとう!」と声を合わせて、サプライズで感謝の言葉を贈った。

上白石萌歌、清水尋也、中条あやみ、佐野勇斗、恒松祐里

 英監督は突然のことに驚きながら「そんなにパッとは来いへんよ。(でも)ビックリした」などと反応を見せながら「ありがとう」と役者陣へ感謝の言葉を返し、観衆からの惜しみない拍手を浴びていた。

 本作は上海でのワールドプレミアで、上映後に現地の観客からスタンディングオべーションで迎えられ「本当に笑ったし、感動した!」「普通のキラキラ映画とは違う! 爆笑&感動!!」といった反響を呼んだ。またフランス・パリでおこなわれた世界最大級の日本文化の総合博覧会『Japan EXPO 2018』でも、日本文化に関心を寄せる現地の人々より温かく迎えられたという。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ