BOYS AND MEN(ボイメン)が13日、池袋サンシャインシティ噴水広場で、シングル「炎・天下奪取」の発売記念リリースイベントを開催。同シングルがオリコン2位になったことを受け、水野勝は「嬉しかったです。でも悔しいという感情が生まれた。ファンのみんなとそう思えるところまで来た」とオリコン1位を射程圏内に捉えた発言を聞かせた。

 「炎・天下奪取」の表題曲は「帆を上げろ!」でも担当した、ヒャダインこと前山田健一が作曲した。カップリング「あなたに出逢えたこと」ではナオト・インティライミも作詞・作曲を務めるなど豪華な内容となっており、東京でのリリースイベントにも期待が集まっていた。

撮影=小池直也

 この日のイベントはライブからスタート。オープニングSEが流れるとファンから合いの手があがる。そしてメンバー10人が登場した。1曲目は新作のリードである「炎・天下奪取」。ステージを広く使って陣を張っていく。続いては「つっぱりパッショネイト」。軽妙な楽曲で盛り上げた。

 そして水野が「今日は先日発売したニューシングルのPRでやってきました。東京の池袋にこんなに人が駆けつけてくれて本当に嬉しいです」と挨拶。

 さらに水野は新作がオリコンのデイリーチャート2位になった事を受けて「最初はCDを出して喜んでいました。それからトップ10に入って、今2位になった。めちゃめちゃ嬉しかったです。でも悔しいという感情がここで生まれました。それはファンのみんなと一緒に『悔しい』と思えるところまで来たからだと思う」と語る。

撮影=小池直也

撮影=小池直也

 さらに「次の曲は大事な人みんなに当てはまる歌詞ですが、ボイメンは集まったみなさんの為に歌いたいと思います」と告げて「あなたに出逢えたこと」を歌った。10人の声が重なるサビが圧巻。間奏では一列になって颯爽と歩き出す場面が印象的だった。

 再度水野が「今年は年末の紅白にも出たいですし、来年も1月14日にナゴヤドームで単独ライブがあります。それもみんなと大きな夢に挑戦するわけですけど、関東からも是非足を運んでもらって。名古屋から全国へ、世界へとエンターテインメントを発信していると広めていきたいです。『炎・天下奪取』、我々の渾身の一曲を応援よろしくお願いします」と挨拶。

 もう一度「炎・天下奪取」をパフォーマンス。観客を巻き込み、1度目よりも一体感を増した内容でエンディングへ。全員が拳を握りポーズを決めた。

撮影=小池直也

 その後日本人としては最多22個のギネス世界記録を保持するお笑い芸人、お笑いタレントのチェリー吉武が登場。メンバーと3つの協議で対決することに。「1分でもっとも早く卓上ベルをアゴで鳴らす対決」では「霊長類最強のアゴだぞ!」と意気込んだ平松賢人が117回という大記録でチェリーを下した。なおこの回数は事実上のギネス記録更新となる。

撮影=小池直也

 続く「1分間で最も多く手ではねあげてドリンクコースターを箸でキャッチする対決」には田村侑久が挑んだが敗退した。最後の「1分間で最も多くブリーフパンツをはく対決」には辻本達規が参戦。チェリー29枚、辻本25枚で惜敗となった。

撮影=小池直也

 最後に水野が「僕たちらしく、これからも夢を追いかけたいと思います。今後とも応援お願いします。天下奪取するぞ!」と話し、イベントを締めくくった。【取材・撮影=小池直也】

記事タグ