13日、タッキー&翼が解散したことが分かった。滝沢秀明は芸能活動から引退、今井翼はジャニーズ事務所を退所する。突然の発表には多くのファンが驚き、ネット上には衝撃を受けたとするコメントが殺到。同時に2人のこれからにエールを送るファンも見られる。

 同日、ジャニーズ事務所の公式サイトでは、9月10日をもってタッキー&翼が解散したことを報告。「共に30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解頂けたら幸いです」などとメッセージを寄せた。

 さらに、滝沢は年内をもって芸能活動を引退し、プロデュース業に専念することを報告。今井はメニエール病の治療のため、ジャニーズ事務所を退所することが明かされた。

 滝沢は「ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意致しました。これは私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります」とコメント。

 今井は「仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います。この先のことについては、全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います」との思いを伝えている。

 この突然の報告に、ネット上のファンは騒然となった。

 ツイッター上には「発狂しかねない」「一気に衝撃的な情報が大量に入ってきて頭真っ白になった」「イチャイチャが見れなくなるのが一番寂しい」「タッキー引退とか…SMAP解散くらい衝撃なんですけど」などの声が相次いだ。

 さらに、「東の滝沢、西のすばるが……っていう喪失感凄まじいですよ本当」「東のタッキー、西のすばるをテレビで見ることはもうないのかと思うと悲しい」などと、関ジャニ∞の渋谷すばるも引き合いに出しながら悲しみの声を広げている。

 衝撃を吸収し切れない人が多いのは確かだが、滝沢と今井のこれからに期待する声も多く見られる。

 ファンからは「衝撃やけど裏方良いと思う」「これからのジャニーズをまとめていけるのもタッキーしかいないとも思う」と滝沢のプロデュースに期待する声をはじめ、「翼くんは早くよくなるといいね」「翼くんの笑顔が見られる日をずっとずっとまってる」と病気治療する今井にエールの声が送られている。

 タッキー&翼は2002年結成。翌年リリースしたシングル「夢物語」がオリコン1位を記録するなど人気に。12年には「タッキー&翼10周年記念 日本列島縦断コンサート」を開催したが、17年に活動休止。CDデビューした2002年9月11日から16年を経た今年9月10日に解散した。

記事タグ