ゴールデンボンバー・樽美酒研二の初ソロ写真集が好評だ。ゴールデンボンバーの最新シングル「タツオ…嫁を俺にくれ」が、10日付オリコン週間シングルランキングで9位を獲得した。

 「タツオ…嫁を俺にくれ」は、樽美酒研二が作詞・作曲だけでなく、歌唱を務めた楽曲。樽美酒が歌唱を担当したことで、鬼龍院翔は今回、ドラムを担当。バンドとしては異例のパートチェンジで、発売前から注目を集めていた。

ゴールデンボンバー「タツオ…嫁を俺にくれ」樽美酒研二初ソロ写真集

 そのシングルの初回限定盤CDには、樽美酒のソロ写真集がついている。シングルとしては、樽美酒研二が歌う楽曲というなかで9位にランクインは大健闘ともいえるが、その初回限定盤CDの売り上げ枚数は1万1577枚。写真集単体での売り上げとして見た場合でも大健闘といえる数字。もし写真集単体で発売されたならランキングで1位になった可能性もある。まさに、シングルの売り上げ伸長を後押しした格好ともいえる。

 そのシングルとともに大健闘した樽美酒のソロ写真集は、滞在期間は2日間としながらもオールフランスロケという気合いの入った作品だ。

 “味をしめた樽美酒”が今度どう動くかも気になるところだが、新曲同様、リリース記念イベントも樽美酒にフューチャーしており、「腹筋タッチ会」が現在全国各地で実施中。その名の通り、樽美酒の腹筋を観客がタッチするというシュールなイベントだ。

CD発売情報

「タツオ…嫁を俺にくれ」

[CD収録曲]
1.タツオ…嫁を俺にくれ
2.近所の奥さんを支配する
3.タツオ…嫁を俺にくれ(オリジナル・カラオケ)
4.近所の奥さんを支配する(オリジナル・カラオケ)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)