Yasei Collectiveの別所和洋(Key)が、10月から開催されるツアー『Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment”』をもってバンドを脱退することが10日、発表された。

 Yasei Collectiveは2009年に、米国から帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と結成。翌2010年に、別所和洋(Key)が加入し、現在の4人体制でライブ活動が始まった。

 現在の4人体制でのライブは11月24日に東京・LIVE HOUSE FEVERでおこなわれるツアーファイナルまでとなる。

◎Yasei Collectiveメンバー・スタッフのコメント

いつもYasei Collectiveを応援頂き誠にありがとうございます。

この度、Keyboardの別所和洋が10月からのツアー、Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment”をもちまして脱退する事になりました。

活動を継続していく中でメンバー、スタッフ一同話し合った結果、今回の結論に至りました。

応援して下さったファンの皆様には、とても残念なお知らせとなってしまい、また関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけ致しました事、心よりお詫び申し上げます。

11月24日のツアー最終日以降は、3人体制で活動をしていきます。3人で作り出す、新たなYasei Collectiveを楽しみにして頂けますと幸いです。

今後も皆様の変わらぬ応援、何卒よろしくお願い申し上げます。

Yasei Collectiveメンバー・スタッフ一同

◎別所和洋のコメント

Yasei Collectiveをやってなかったら、今どうなってるのか、想像もつきませんが、バンドを離れることを決めました。今回のアルバム、stateSmentのリリースツアーが、僕にとっての最後のツアーになります。

今まで自分を育ててくれたYasei Collectiveに感謝します。メンバー、スタッフ、僕がいた時のヤセイを好きでいてくれた人達には申し訳ないですが、僕が抜けてさらにバンドはすごい事になっていくと思います。今後のYasei Collectiveに注目して下さい。

よろしくお願いします。

本当に今までありがとうございました。

別所和洋

記事タグ