コブクロが8日、大阪・天王寺MIO前でシークレットライブをおこなった。この日は結成記念日。同地は結成当時、毎週にストリートライブをおこなっていた、一番のゆかりの地だ。

 結成20周年の記念日。特別番組『コブクロ 祝!結成20周年 プレミア映像放出スペシャル』と題して、インディーズ時代の秘蔵映像を中心に、午後7時半に配信がスタート。インディーズ時代のストリートライブの映像を懐かしみながら見る2人の映像は実収録で、コブクロの2人は、大阪・天王寺に向かっていた。

 インディーズ時代に“毎週土曜日PM8時”と時間を決めてストリートライブをおこなっていた。この日も土曜日だったこともあり、同じ時間、同じ場所で、PM8時からシークレットライブを実施した。

コブクロ

コブクロ

 コブクロが姿を現すとすぐさま大勢の人が2人を囲み、一気に300人以上に膨れ上がった。そんななかで小渕は「コブクロでーす! 今日9月8日コブクロ結成日、20周年です、ありがとう!!」と話し、インディーズ時代に手作りしていた看板のリメイクを手にギターケースを広げ、「ここ天王寺は僕らの想い出の場所です。聴いて下さい。轍-わだち-!」と、インディーズ時代から披露していた「轍-わだち-」を1曲目に披露した。

 その場が一気にライブ会場のように盛り上がりをみせ、続いて結成のきっかけとなった曲「桜」を披露した。

 ギターのイントロから歓声が上がり、大混雑の中、ファンはしっとりとした歌声に耳を傾けた。後半どんどんギター音を下げ、途中からアカペラにしてパフォーマンス。「これぞコブクロ」を見せつけた瞬間となった。

ギターケース

 黒田は「僕ら今日が結成20周年。僕ら(昔)ずっとここでやらせて頂いていて、今回特別にご許可頂きましてご無理言ってやらせて頂いています」と感謝の言葉。約10分の時間でそこに集まった300人以上のファンを大いに魅了し、その場を去った。

 天王寺MIO前でのストリートライブは、約17年ぶりの大成功となり、コブクロにとって、記念すべき20周年の幕開けとなった。

 コブクロは、12月5日に、初のコンプリートベストアルバム「ALL TIME BEST 1998-2018」の発売をこの日発表したばかり。9月16日には、小渕の地元・宮崎県にて20周年記念ライブが開催される予定だ。

当時の写真

ギターケース

コブクロ

ストリートライブのもよう

コブクロ

コブクロ

コブクロ

記事タグ